DCUは海猿に似てる?違うところは?あらすじとキャスト一覧!

2022年1月からのドラマ

ドラマ「DCU」は海猿に似てる?違うところは?あらすじとキャスト一覧!

ドラマ「DCU」のDCUとは、「Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)」の略です。

海上保安庁に新設された、水中で起きた事件や事故に特化して捜査を行う特殊部隊で、従来の警察の捜査だけでは解決できなかった事件の解決を目指すという「水中の刑事、手錠を持ったダイバー」です。

 

海上保安庁というとドラマと映画で大人気だった「海猿」を思い出しました!

そこで、DCUの疑問にお答えします。

  • DCUと海猿は似てる?
  • DCUと海猿の違うところは?
  • DCUのあらすじ
  • DCUのキャスト一覧

 

スポンサーリンク

DCUは海猿に似てる?違うところは?あらすじとキャスト一覧!


 

DCUと海猿の似ているところは、どちらも海上保安庁が舞台というところ

自らの命を危険にさらして、他人のために尽力するという点では似ています。

 

しかし、DCUは「Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)」の略で、水中捜査に特化した架空の組織という設定です。

実際の海上保安庁を舞台にした海猿とは、大きな違いです。

 

また、海猿は海上での監視や海難事故などの救助活動がメインとなりますが、DCUでは水中で事件の手がかりを探し出し、多くの迷宮入りした難事件を解決していくという点も、陸上の刑事と変わらない立ち位置にいるという点で大きく違っています。

DCUは、陸上だけで解決できなかった事件を水中で引き継ぎ、解決の糸口を探ろうとする試みは、警察組織の新たな可能性を見せてくれ、海猿より進化した組織だと考えられます。

スポンサーリンク

ドラマDCUのあらすじ

海上保安庁に新設された、水中で起きた事件や事故に特化して捜査を行う特殊部隊で、従来の警察の捜査だけでは解決できなかった事件の解決を目指すというミッションを与えられています。

日本では遺体を水中に沈めて隠蔽するという事件も多いですが、捜査の難しさや危険のため、多くの事件は未解決のまま、時効を迎えているものも少なくありません。

そこに目をつけた海上保安庁の警備救難部部長の佐久間雄二(佃典彦)は、水中事件の捜査率向上と国内の治安維持のため、DCUを発足させました。

メンバーには、自分の直属の部下で最も信頼のおける男・新名(阿部寛)を筆頭に、ダイビングや海の知識に長けた精鋭を集め、万全な体制で陸の警視庁に真っ向勝負を挑みます。

事件の捜査だけではなく、海と陸のプライドのぶつかり合い、そして組織内での権力争いなど、綺麗ごとだけでは済まない、海上保安庁の表と裏を赤裸々に描く、深い人間ドラマという側面もあります。

 

スポンサーリンク

DCUのキャスト一覧

新名正義(にいなまさよし):阿部寛

水中操作のスペシャリスト集団「DCU」の隊長。

昔、家族旅行で海難事故に遭った陽生(横浜流星)を助けた。

清水とは事件解決のためにお互いを利用し合う、戦友のような関係。

瀬能陽生(せのうはるき):横浜流星

正義のバディ隊員。

ダイバーとしての能力はDCUでも一二を争う実力で、チームを引っ張りながらも、暴走して迷惑をかけることもある。

成合隆子(なりあいたかこ):中村アン

海上保安庁初の女性潜水士。

純粋でポジティブな性格で、DCUのメンバーから信頼されている。

清水健治(しみずけんじ):山崎育三郎

警視庁公安一課の刑事。

公安のエリートだが、プライドが高く、海保のDCUを見下している。

だが、新名の能力だけは認めている。

神田瑠璃(かんだるり):趣里

DCUサイバー班職員。

海上保安試験研究センターの元職員で、サイバー能力を買われてサイバー班に異動した。

新名から全幅の信頼を得ている。

西野斗真(にしのとうま):高橋光臣

DCUの副隊長で、海保の中でも一番過酷な「特殊救難隊」の隊長を務めていたエリート。

隊長の座を新名に奪われ、恨んでいるが、組織のために私情を抑え込み、チームをサポートしている。

森田七雄(もりたななお):岡崎体育

お調子者と言われるほど気さくな性格で、ピリピリした現場のムードを和ませてしまう、DCUのムードメーカー的存在。

潜水能力にも長け、海の知識も豊富で、メカにも強いという、完璧なできる男。

大友裕也(おおともゆうや):有輝(土佐兄弟)

DCUのダイバー捜査官。

元特殊救難隊員で人命救助を行っていた。

航海士の資格を持つ船マニアでもある。

佐久間雄二(さくまゆうじ):佃典彦

海上保安庁の警備救難部部長。

新人時代の新名の直属の上司で、彼が最も信頼している人物である。

DCUを設立した張本人で、自分の出世の進退にも影響があることを認識しているため、隊長に新名を推薦したという打算的な思考の持ち主でもある。

早川守(はやかわまもる):春風亭昇太

海上保安庁次長。出世欲が強く、海保内でNo2の地位を得ているが、さらにDCUを利用して長官になろうと目論んでいる。

新名を目の上のたんこぶだと感じていて、隙あらば彼の失脚を画策している。

黒江真子(くろえまこ):市川実日子

DCU科学捜査ラボの班長。

海上保安試験センターの元職員で、新名との付き合いも長い。新名と職場恋愛の末、婚約者になった。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました