晴れると日差しがきついので日焼け止めを塗る人は多いけど、肌が弱くて日焼け止めが塗りにくい人はUVカットパーカーを着る

晴れると日差しがきついので日焼け止めを塗る人は多いけど、肌が弱くて日焼け止めが塗りにくい人はUVカットパーカーを着る

今の時代、便利なアイテムもあったもので、UVカットつまり紫外線をカットしてくれるパーカーなどの服が増えてきています。

UVカットなら日焼け止めを塗ったら良いのでは?と思った人も多いかも知れませんが、肌が弱かったり日焼け止めの中に含まれている成分でアレルギーが出てしまう人や、湿疹や怪我などをしていて日焼け止めを塗れない状態にある人も居るのです。

無理して日焼け止めを塗ってかえって被れてしまった!と言う人も居るので、強烈な紫外線を別の方法で防がなければなりません。

そんな時は、UVカット機能の付いているパーカーなどの衣類で肌を防御して行く方法があります。

肌に直接日焼け止めを塗れない人は、このUVカット機能の付いている服を着て出かける様にして欲しいですね。

日焼け止めを塗らなくても日焼けしにくくなるUVカットの服ですが、万全な様に見えて実は色んな落とし穴があります。

まず、UVカットの効果の高い服は、蒸れやすく暑くなりやすいので熱中症リスクが高まるのです。

UVカットパーカーの場合では、素材が通気性のあまり良くない状態に作ってある=衣類の織り目から紫外線が差し込まない様にしているため、服を着ていると非常に暑くなってしまいやすくなるのです。

他のUVカットの服も同様で、気密性の高い布地で作られているので、気温の高い時間帯に日差しが照り付けている状況でその服を着ていると、もしかすると熱中症になりやすいかも知れないのです。

紫外線からの肌ダメージの方を優先してUVカットの服を気付浸けるのか、それとも熱中症リスクを回避するためにUVカットは日焼止めを頼る事にするのかを、もう少しん検討して行く必要がありそうです。

肌の弱い人が完全に日焼けしないようにするアイテムはまだまだ少ないので、これからしばらくは色々と紆余曲折して行く事でしょう。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました