ホリック実写映画の結末の最後の意味は!続編はある!

映画

実写映画「xxxHOLICホリック」の結末の意味がわからなかった!続編はある?そんな方のためにホリックの結末をまとめます。

実写映画ホリックは、ビジュアルも原作漫画を忠実に実写化していますが、ファンタジーすぎて、ちょっと意味が分からなかった。

 

そこで、HOLICホリックの疑問に答えます。

  • ホリックの結末は
  • ホリックの結末の意味は
  • ホリックに続編はある

 

奇麗なビジュアルに気を取られて、内容が入ってこない!!!

 

あおい
あおい

蜷川実花監督の世界観好きです!

 

スポンサーリンク

ホリックHOLIC実写映画の結末の意味は


映画 ホリック xxxHOLiC 写真集 [ 蜷川 実花 ]

ホリックの結末はどうなる?

四月一日(神木隆之介)は、人の心の闇に憑りつくアカヤシが見えなくなって願いを叶えました。

その対価に過去の記憶を失います。

 

ある日、侑子(柴咲コウ)さんが消えてしまう。

侑子さんは、実は亡くなっていて、クロウの強い想いによって時の止まった世界に留まり続けている人でした。

四月一日によって時が動き始めたので、この世界には留まれなくなり「ただあなたが存在してくれるだけでいい」と消えていきます。

夢かと思った四月一日ですが、ミセの客に聞いても侑子さんのことを覚えている人がいません。

ただ唯一、百目鬼(松村北斗)は侑子さんの事を覚えていた。

 

四月一日はミセを継いで、侑子さんに逢える日を待つと決意しました。

 

数年後、四月一日は、侑子さんに会うという願いを叶えるために、自分の時間を対価にしています。

自分の時間が対価とは、ミセを出ることなく、歳をとらないまま生きていきます。

百目鬼は相変わらず、マル(DAOKO)とモロ(モトーラ世理奈)もいます。

四月一日は、ミセで客の願いを叶えながら、侑子さんに逢える時を待ち続けています。

 

百目鬼役の松村北斗さんのツンデレキスシーンがかっこいい!

松村北斗のキスシーン!映画ライアーライアーのフル動画を無料でスマホでも見れる方法あります!

スポンサーリンク

実写映画ホリックに続編はある?

 

実写映画では、続編がありそうな終わり方ですが、実際xxxHOLICホリックの原作漫画には、続編があります。

xxxHOLICの原作漫画は、全19巻(×××HOLiC 籠ロウを含む)刊行されていて、実写映画は、ほぼこの原作漫画の内容をギュッと詰め込んで描かれています。

そしてホリックには、続編になるxxxHOLIC戻・レイがあります。

xxxHOLIC戻・レイは、4巻発売されていますが、2017年に休載になっていました。

しかし、2022年4月に連載が再開されることが発表されて、2023年春から再開が予定されています。

 

xxxHOLIC戻・レイは、xxxHOLiC・籠ロウからちょっと戻る話で、侑子さんがいる世界です。

ミセでバイトしている四月一日が、侑子さんの代わりに様々な願いを叶え、様々な対価を手に入れ、選択していく話です。

実写映画の結末では、四月一日と侑子さんは再会できるの?と続きが気になるファンもいるでしょうから、映画が大ヒットしたら、続編もあるかもしれませんね。

 

実写映画ホリックの写真集が発売されてる!

柴咲コウさんの衣装すごい!

蜷川実花監督は、写真家ですから魅惑的です。

 

 

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました