52ヘルツのクジラたちの実写映画化はいつ?実話なの?登場人物まとめ

映画

52ヘルツのクジラたちの実写映画化はいつ?実話?実写化された時の登場人物をまとめます。

小説「52ヘルツのクジラたち」は、2021年の本屋大賞にに選ばれた小説です。

あおい
あおい

本屋大賞とは、全国の書店員さんが「一番売りたい本」を投票して選ばれるもの、まさにプロがおすすめする本です。

その評価から、本屋大賞に選ばれた小説は、毎年実写映画化されています。

そこで、2021年に本屋大賞に選ばれた52ヘルツのクジラたちの疑問に答えます。

 

  • 52ヘルツのクジラたちの実写映画化はいつ?
  • 52ヘルツのクジラたちは実話?
  • 52ヘルツのクジラたちが実写映画化された時のキャスト

 

スポンサーリンク

52ヘルツのクジラたちの実写映画化はいつ?

52ヘルツのクジラたち (単行本) [ 町田 そのこ ]

 

2021年に本屋大賞を受賞した「52ヘルツのクジラたち」の実写映画化は、2023年と予想されます。

本屋大賞を受賞した小説は、必ず実写映画化されています。

実写映画化は、約2年後のパターンが多いんです!

8位の加藤シゲアキさんのオルタネートも実写映画化に近そうですね。

 

あおい
あおい

2年後楽しみですね。

2021年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『52ヘルツのクジラたち』表紙 『52ヘルツのクジラたち』
町田 そのこ(著)
中央公論新社
365.5点
2位 『お探し物は図書室まで』表紙 『お探し物は図書室まで』
青山 美智子(著)
ポプラ社
287.5点
3位 『犬がいた季節』表紙 『犬がいた季節』
伊吹 有喜(著)
双葉社
286.5点
4位 『逆ソクラテス』表紙 『逆ソクラテス』
伊坂 幸太郎(著)
集英社
248.0点
5位 『自転しながら公転する』表紙 『自転しながら公転する』
山本 文緒(著)
新潮社
227.5点
6位 『八月の銀の雪』表紙 『八月の銀の雪』
伊与原 新(著)
新潮社
227.5点
7位 『滅びの前のシャングリラ』表紙 『滅びの前のシャングリラ』
凪良 ゆう(著)
中央公論新社
223.5点
8位 『オルタネート』表紙 『オルタネート』
加藤シゲアキ(著)
新潮社
169.5点
9位 『推し、燃ゆ』表紙 『推し、燃ゆ』
宇佐見りん(著)
河出書房新社
139.5点
10位 『この本を盗む者は』表紙 『この本を盗む者は』
深緑 野分(著)
KADOKAWA
132.5点

投票の得点換算は、1位=3点、2位=2点、3位=1.5点

2020年本屋大賞

『流浪の月』は、松坂桃李さんと広瀬すずさんのキャストで、2022年に映画が公開されます。

本屋大賞の2年後ですね!

4位の「ノースフライト」は、2020年西島秀俊さん主演で、NHKでドラマ化されています。

 

2020年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『流浪の月』表紙 『流浪の月』
凪良ゆう(著)
東京創元社
432点
2位 『ライオンのおやつ』表紙 『ライオンのおやつ』
小川糸(著)
ポプラ社
380点
3位 『線は、僕を描く』表紙 『線は、僕を描く』
砥上裕將(著)
講談社
327点
4位 『ノースライト』表紙 『ノースライト』
横山秀夫(著)
新潮社
275.5点
5位 『熱源』表紙 『熱源』
川越宗一(著)
文藝春秋
214点
6位 『medium霊媒探偵城塚翡翠』表紙 『medium霊媒探偵城塚翡翠』
相沢沙呼(著)
講談社
198点
7位 『夏物語』表紙 『夏物語』
川上未映子(著)
文藝春秋
156点
8位 『ムゲンのi』表紙 『ムゲンのi』
知念実希人(著)
双葉社
147.5点
9位 『店長がバカすぎて』表紙 『店長がバカすぎて』
早見和真(著)
角川春樹事務所
105.5点
10位 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』表紙 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』
青柳碧人(著)
双葉社
91.5点

投票の得点換算は、1位=3点、2位=2点、3位=1.5点

2019年本屋大賞

『そして、バトンは渡された』は、2021年に永野芽郁さん、石原さとみさん、田中圭さんのキャストで、映画化されました。

まさに2年後です!

日本アカデミー賞にも選ばれてましたね。

5位の「ある男」は、2022年に窪田正孝さんで映画化されます。

2018年本屋大賞

『かがみの孤城』は、2022年冬に映画アニメ化します。

3位の『屍人荘の殺人』は2020年に神木隆之介さん、浜辺美波さんで実写映画化されてます。

6位の『騙し絵の牙』は、2021年に大泉洋さん主演で、実写映画化されています。

7位の『星の子』は、2021年に芦田愛菜さん主演で実写映画化されています。

2017年の本屋大賞

『蜜蜂と遠雷』は、2019年に鈴鹿央士さん、松岡茉優さん、松坂桃李さんなどのキャストで、実写映画化されています。

 

あおい
あおい

2年後ですね!

3位の『罪の声』は、2021年に小栗旬さん、星野源さん主演で、実写映画化されてます。

10位の『コーヒーが冷めないうちに』は、2018年に有村架純さん主演で、2019年に実写映画化されています。

2016年の本屋大賞

『羊と鋼の森』は、2018年に山﨑賢人さん主演で、実写映画化されています。

あおい
あおい

2年後ですね!

2位の『君の膵臓をたべたい』は、浜辺美波さん、北村匠海さん主演で、実写映画化されています。

4位の『永い言い訳』は、本木雅弘さん主演で、実写映画化されています。

10位の『火花』は、2027年に菅田将暉さん主演で実写映画化されています。

 

2015年本屋大賞

『鹿の王』は、2022年に映画アニメ化されています。

3位の『ハケンアニメ!』は、吉岡里帆さん主演で、2022年映画公開

 

2015年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『鹿の王』表紙 『鹿の王』
上橋菜穂子(著)
KADOKAWA 角川書店
383点
2位 『サラバ!』表紙 『サラバ!』
西加奈子(著)
小学館
310.0点
3位 『ハケンアニメ!』表紙 『ハケンアニメ!』
辻村深月(著)
マガジンハウス
309.5点
4位 『本屋さんのダイアナ』表紙 『本屋さんのダイアナ』
柚木麻子(著)
新潮社
239.0点
5位 『土漠の花』表紙 『土漠の花』
月村了衛(著)
幻冬舎
236.5点
6位 『怒り』表紙 『怒り』
吉田修一(著)
中央公論新社
231.0点
7位 『満願』表紙 『満願』
米澤穂信(著)
新潮社
185.5点
8位 『キャプテンサンダーボルト』表紙 『キャプテンサンダーボルト』
阿部和重・伊坂幸太郎(著)
文藝春秋
155.0点
9位 『アイネクライネナハトムジーク』表紙 『アイネクライネナハトムジーク』
伊坂幸太郎(著)
幻冬舎
131.0点
10位 『億男』表紙 『億男』
川村元気(著)
マガジンハウス
42.5点

投票の得点換算は、1位=3点、2位=2点、3位=1.5点

引用:本屋大賞の公式サイトより

スポンサーリンク

52ヘルツのクジラたちは実話?

小説「52ヘルツのクジラたち」は、児童虐待、家庭内DV、介護、トランスジェンダー、毒親、家族の不理解などの社会的問題も描いている作品です。

52ヘルツのクジラとは、他のクジラには聞こえない高い周波数で鳴くことから、鳴いても仲間に届かないので「世界でもっとも孤独なクジラ」と言われている正体不明の52ヘルツの鯨から、タイトルが取られています。

社会問題に直面している人の声はなかなか届かない。

実話なの?と思いますが、作者の町田そのこさんはインタビューで、実体験を告白してます。

 

小学生の高学年から中学生の頃にいじめに遭っていて、本当に学校に行くのが辛くて、本の世界に逃げていました。その頃大好きだったのが氷室冴子さんで、『明日続きを読みたいから頑張ろう』と、本を支えにしていたんです。だから私も、誰かが『明日も頑張ろう』って思ってくれるようなものを書きたいという思いがありました
引用:「52ヘルツのクジラたち」町田そのこさんインタビュー 虐げられる人々の声なき声をすくう|好書好日

 

いじめに遭って、孤独を感じていた経験から、書かれているようです。

毒親の話は、実話ではなさそう。

作家になろうと思ったきっかけは、お母さんの影響だった!

町田そのこさんは、10歳のときに、母から薦められて氷室冴子さんの『クララ白書』を読んで、創作の世界に夢中になり、「絶対に作家になろう」と思ったという。

 

スポンサーリンク

52ヘルツのクジラたちが実写映画化された時の登場人物

三島貴瑚(みしま きこ)

主人公で26歳の女性。

「毒親」である実母にネグレクトを受けてきた。

21歳で義父の介護をたった一人で全て押し付けられ、死ぬことを決意して道を歩いていたところを通りすがりの岡田安吾(アンさん)と同級生の美晴に救われる。

東京都から大分県の海辺の町に移り住む。

共感力が非常に高く、自身と似た境遇をした人には優しい態度を取る。

少年

「ムシ」と呼ばれていた13歳の少年。

母親からの虐待を受けていて、言葉を話せなくなっていた。

貴瑚の家に逃げる。

岡田安吾(おかだあんご)

通称「アンさん」

美晴とともに貴瑚をネグレクトから救い出した。

牧岡美晴(まきおか みはる)

貴瑚の高校時代からの友人。

先輩の安吾とともに貴瑚を助け出した。

村中真帆(むらなか まほろ)

貴瑚のことを慕っている。

 

小説「52ヘルツのクジラたち」の実写映画化の発表が楽しみですね。

 

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました