汝星のごとく映画化!Nのためにに似てる!キャスト予想 ドラマ映画考察ラボ

汝星のごとく映画化!Nのためにに似てる!キャスト予想

凪良ゆうさんの汝星のごとくが2023年の本屋大賞を受賞しました。汝星のごとくを読んで、湊かなえさんの「Nのために」に似てると思いました。直木賞候補、本屋大賞2023年を受賞したことで、映画化されることが確定しています。(本屋大賞受賞作品は、ほぼ映画化されているので)凪良ゆうさんの「流浪の月」は2020年に本屋大賞と2022年に実写映画化されて日本アカデミー賞の優秀作品賞を受賞しています。汝星のごとくは流浪の月を越える最高傑作です。

そこで、汝星のごとくの映画化についてまとめます。

  • 汝星のごとくの最高傑作のあらすじ
  • 汝星のごとくが映画化されるのは2年後?
  • 汝星のごとくが湊かなえさんのNのためにに似てる
  • 汝星のごとくが映画化された時のキャスト予想

 

汝星のごとくの結末に放心状態になりました。

2023年の本屋大賞、映画化は間違いないと確信しています。

スポンサーリンク

汝星のごとくがNのためにに似てる!映画化のネタバレ!

汝星のごとくが映画化されるのは2年後?

汝星のごとくが映画化される時期ですが、2年後と考察します。

本屋大賞を受賞した作品は、2年後に映画化されることが多いです。

凪良ゆうさんの「流浪の月」は、2020年に本屋大賞を受賞して、と2022年に実写映画化されて、日本アカデミー賞の優秀作品賞を受賞しています。

他にも2019年のそしてバトンは渡されたは、2年後の2021年に永野芽郁さん、石原さとみさん、田中圭さんのキャストで映画化され、日本アカデミー賞にも選ばれてました。

2018年のかがみの孤城はアニメ化されて映画化されてます。

凪良ゆうさんは、もともとBL(ボーイズラブ)小説でデビューしていて、美しい彼はドラマ化されています。

汝星のごとくのあらすじ

主人公の青埜櫂(あおのかい)は母子家庭で、母親に連れられて瀬戸内の小さな島の高校に転校してきました。
母は男なしでは生きられない女性で、櫂はいつも母親に振り回されています。
そんな櫂には将来漫画家になるという夢がありました。
また、櫂が島で出会う女子高生・井上暁海(いのうえあきみ)は、島で生まれ育ち、両親に振り回される生活を送っていました。
父は不倫相手と生活していて、母はそんな父を待つばかりで放心状態。
そんな似た境遇の暁海と櫂が出会い、次第に惹かれ合っていく。
卒業したら、島を出て東京へ行こうと誓います。

運命的な出会いを果たした2人が、やがてすれ違い、それぞれの道を歩んでいきます。

登場人物のそれぞれが様々な問題を抱えて生きています。

最後に2人が行きつく結末は

 

汝星のごとくの結末に放心状態になりました。

2023年の本屋大賞、映画化は間違いないと確信しています。

 

スポンサーリンク

汝星のごとくが湊かなえさんのNのためにに似てる

汝星のごとくを読んで、湊かなえさんのNのためにに似てると思いました。

Nのためにの舞台は、愛媛県の青景島という瀬戸内海の島で主人公の杉下希美は育ちます。

杉下希美は裕福な家庭で育ちますが、父親と愛人に家を乗っ取られて、貧乏暮らしに…

しかし、母親は父親に執着して、裕福だったころの生活が忘れられずに散財します。

一方、成瀬慎司は、希美と同じ高校でしたが接点がありませんでしたが、家に帰りたくない希美と出会い、共通の趣味が将棋であることを知って仲良くなります。

卒業したら、島を出て広い世界を見たいという希美

それから4年後、2人は東京の殺人事件の現場で再会します。

事件現場にいた希美と成瀬を含む6人

全員が大切に思っている”Nのために”行動をしていて、切ない…

 

汝星のごとくとNのためにの共通点は、瀬戸内海の島で高校時代を過ごす2人が親の不倫や依存に振り回される、高校を卒業後に上京する、事件が起きる、そして結末も似ています。

汝星のごとくを読んで浮かんでくる瀬戸内海の景色は、Nのためにを思い出す美しさです。

 

ただ、Nのためには、殺人事件に居合わせた6人の”Nのために”の真相を解き明かす純愛ミステリーになっていくので、途中からは違ってきます。

 

とにかく島の風景が美しくて、榮倉奈々さんの凛とした笑顔と窪田正孝の純粋な高校生のやり取りが切なくてたまらない!Nのためにを無料で見る

 

とにかく2人がどうなるかが知りたくて、一気に読んでしまいました。

スポンサーリンク

汝星のごとくが映画化された時のキャスト予想

 

汝星のごとくが映画化された時のキャストは、高校生役から演じられる20代前半の俳優と予想します。

青埜櫂役は高橋文哉さん、井上暁海役は森七菜さんと考察します。

 

汝星のごとくの結末に放心状態になりました。

2023年の本屋大賞、映画化は間違いないと確信しています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました