実写映画耳をすませばの最後の結末は結婚してイタリアへ行く?

映画

 

実写映画版「耳をすませば」の最後の結末は雫と聖司が結婚して、2人でイタリアへ行く?をまとめます!

 

実写映画版「耳をすませば」が、清野菜名さんと松坂桃李さん主演で2022年10月14日に公開されます。

 

実写版では、雫と聖司の中学時代に加えて、10年後のオリジナルストーリーが描かれます。

 

あおい
あおい

1995年に公開されたジブリアニメ版が大好き!2人のピュアな恋物語にキュンとしました。

 

今回は、実写映画版「耳をすませば」の最後の結末を予想してまとめます。

 

  • 実写映画「耳をすませば」の最後の結末は?
  • 実写映画「耳をすませば」のあらすじ
  • ジブリアニメ「耳をすませば」のあらすじ

 

あおい
あおい

ジブリアニメ版を何十回も見た私が、実写版の結末を予想していきます!

スポンサーリンク

実写映画版「耳をすませば」の最後の結末は

実写映画版「耳をすませば」の最後の結末は、雫(清野菜名)と聖司(松坂桃李)が結婚して、イタリアで暮らすと予想します。

ジブリアニメ版のラストシーンでは、聖司は雫に「一人前のバイオリン職人になったら結婚してくれないか」とプロポーズしています。

実写映画版では、バイオリン奏者ではなく、チェロ奏者の設定になっています!

 

あおい
あおい

自転車に2人乗りして高台に行き、朝焼けを眺めながらのプロポーズ!最高のラストシーンでした。

 

10年前に結婚を約束した2人が、日本とイタリアの遠距離恋愛を乗り越えて結ばれるハッピーエンドになると予想しています。

 

雫は小説家になれる?

 

雫は中学時代、小説家になることを夢みていましたが、10年後には児童小説の編集者になっています。

 

雫は夢を追い続ける聖司に励まされ、また小説を書き始めるのではないでしょうか?

 

聖司と結婚し、イタリアで小説家になる夢を叶えることを期待しています。

 

聖司はチェロ奏者になれる?

聖司はチェロ奏者になることを夢見てイタリアに留学します。

あおい
あおい

イタリアの音楽学校やオーケストラに入るのでしょうか。

日本人が第一線で活躍するのは難しそうですね!

 

最後には、聖司はプロのチェロ奏者になりイタリアで活躍するようになると予想しています。

 

スポンサーリンク

実写映画「耳をすませば」のあらすじ

読書が大好きな中学生の女の子・月島雫(安原琉那)は、チェロ奏者になるという夢に向かって生きる男の子・天沢聖司(中川翼)に出会いお互いに想いを寄せていた。

 

雫は小説家に、聖司はチェロ奏者に、「お互い、きっと夢を叶えよう」と誓い合ってから10年後…。

 

24歳になった雫(清野菜名)は出版社で児童小説の編集者になっていた。

 

小説家になる夢を諦め、本を売るために必死な毎日を送る雫。

 

一方、聖司(松坂桃李)はチェロ奏者になる夢を追い続けてイタリアで暮らし、雫とは手紙でやり取りをしていた。

 

離れていてもお互いを想い続ける2人だったが、いつの間にか距離が生まれてしまう。

 

あおい
あおい

ジブリアニメでの聖司はバイオリン職人を夢見ていましたが、実写版ではチェロ奏者に変わっています。

チェロを奏でる松坂桃李さんに注目!

 

ねこまろ
ねこまろ

夢を諦めた雫と、夢を追いかける聖司。距離が離れた2人はどうなる!?

スポンサーリンク

ジブリアニメ「耳をすませば」のあらすじ

本を読むのが大好きな月島雫は、図書カードにいつも自分の前に名前がある「天沢聖司」のことが気になっていました。

 

ある日、忘れた本を取りにベンチに戻った雫は、1人の少年と出会います。

 

その少年は本に挟まっていた雫が翻訳した「カントリー・ロード」の歌詞を勝手に読み、嫌味を言って去っていきました。

 

雫は「いやなやつ!」と怒って帰ります。

 

翌朝、図書館に勤める父親にお弁当を届けるため出かけた雫は、電車の中で猫に出会います。

 

猫を追いかけていくと地球屋というお店にたどり着きました。

 

地球屋には古い時計や猫男爵の人形バロンなどのアンティーク雑貨が並び、雫は心を奪われます。

 

しかし時計の鐘で父親にお弁当を届けることを思い出し、慌てて図書館へ向かいました。

 

そこへ、あの時雫に嫌味を言った「いやなやつ」の少年が雫の忘れたお弁当を持って現れます。

 

しかし少年はまた雫に嫌味を言って去っていきました。

 

後日友人関係で自己嫌悪に陥っていた雫は、重い足取りで地球屋に向かいます。

 

地球屋は閉まっていましたが、そこにまた自転車に乗ったあの少年が現れました。

 

雫は、少年は実は地球屋の店主の孫で、雫と同じ中学でバイオリンを作っていることを知りました。

 

少年は自分がバイオリンを弾く代わりに雫に歌うように言い、カントリー・ロードを演奏し始めました。

 

雫は緊張しながら自分が翻訳した歌詞を歌い、いつしか店主とその仲間も加わり楽しく演奏しました。

 

演奏が終わり、その少年がいつも図書カードに名前がある「天沢聖司」であると知った雫。

 

さらに聖司はバイオリン職人になるためにイタリアに留学することを決めていました。

 

聖司にほのかな恋心を抱いていた雫でしたが、聖司が2ヶ月間イタリアへ修行しに行くことが決まります。

 

そして、実は聖司も図書カードで雫のことを前から知っていて、すれ違ったり隣に座ったりしたこともあると話しました。

 

夢に向かって走る聖司と特に目標もない自分を比べ、焦りを感じた雫は小説を書こうと決心します。

 

地球屋の店主から猫男爵バロンを主人公にした物語を書く許可を得た雫は、図書館で調べ物をしながら執筆を進めました。

 

そこに現れた聖司から翌日イタリアに立つことを告げられ、互いを想い会いながら2人は別れることになりました。

 

月日がたち、小説を書くことに没頭した雫は勉強がおろそかになり母親や姉と衝突します。

 

しかし父親からの後押しもあり、何とか小説を書きあげて地球屋の店主に店に行きました。

 

店主は雫の小説を褒めてくれましたが、雫は納得いかず自分の未熟さに落胆します。

 

店主からバロンにまつわる物語を聞くと、偶然にも雫が書いた小説に似ていました。

 

翌朝、雫がアパートの窓を開けると1日早く帰国した聖司がいました。

 

聖司の漕ぐ自転車の後ろに乗り、街を見渡せる高台についた2人は朝日を眺めます。

 

雫は聖司に、先に進むために高校へ進学して勉強に励むことを伝えました。

 

それを聞いた聖司は、自分が一人前のバイオリン職人になったら結婚してくれないかとプロポーズし、雫は小さく頷きました。

 

聖司が雫を抱きしめ「大好きだ!」と叫んで物語は幕を閉じます。

 

 

あおい
あおい

実写版でも中学生編が描かれます!

好きなのについ雫にいじわるを言ってしまう聖司にキュンです!

 

スポンサーリンク

実写版「耳をすませば」まとめ

今回は実写版「耳をすませば」の最後の結末についてまとめました。

 

最後の結末は、雫と聖司が結婚して夢を叶えると予想しました!

 

中学時代に結婚を約束した2人が、遠距離恋愛を経て結ばれるハッピーエンドを期待しています。

 

映画の公開が楽しみですね。

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました