ラストマンの結末は皆実は見えていた!秘密や大どんでん返し展開 ドラマ映画考察ラボ

ラストマンの結末は皆実は見えていた!秘密や大どんでん返し展開

ドラマ「ラストマン」で福山雅治さんが演じる主人公の皆実広見は、全盲のFBI捜査官で秘密を持っています。秘密は回を追うごとに明らかになっていって、大どんでん返し展開が予告されています。そこで、ラストマンの結末や皆実の秘密を考察ネタバレします。

  • ラストマンの結末
  • 皆実の秘密とは
  • 結末までのあらすじは大どんでん返し

 

スポンサーリンク

ラストマンの結末で皆実の秘密とは

 

 

脚本家の黒岩勉さんは、皆実広見(福山雅治)には秘密があることやどんでん返しがあることをコメントしています。

全話を通して明かされていく大きな秘密やどんでん返しも用意してありますし、家族全員がワクワクドキドキしながら難しいことは一切考えずに、ひたすら楽しめる連続ドラマを目指して脚本を書かせていただいています。

 

脚本家の黒岩勉さんには、日曜劇場「マイファミリー」(二宮和也)での衝撃的な展開に毎週驚かされてました。

結末では、皆実の秘密や大どんでん返しの展開が明らかになると考察します。

皆実広見(福山雅治)の秘密とは、皆実がアメリカから期間限定で交換留学生として来日した理由にあると考察します。

皆実は何のために日本の警察に来たのか。

 

ラストマンロケ地は水戸市で目撃情報!永瀬廉は何役?新人刑事?

 

スポンサーリンク

大どんでん返し展開を考察ネタバレ

 

 

ラストマンでも衝撃的などんでん返しになると考察しています。

大どんでん返し展開とは、実は皆実は全盲ではなく、見えていると考察します。

皆実が実は見えていたら、大どんでん返しで、衝撃的な結末になりますね。

 

まずビジュアルで、福山雅治さんは目を開いていて、カメラに焦点が合っていることが気になります。

皆実は鋭い分析力、嗅覚、触覚を持ちながら、自分ができないことを素直に人にお願いすることができる愛されキャラです。

 

フェアな精神を持っていますが、正義のためには二枚舌、三枚舌を使う、“上手くやる大人の男”です。

皆実がラストマンになれるのも、バディになる大泉洋さんが演じる護道心太朗がいるから

護道心太朗は、犯人の検挙率が高い優秀な刑事です。

護道心太朗が犯人を突き止めて、皆実が最後に事件を解決する”ラストマン”になるような展開

多様性と“平等とは何か“誰もが等しく生きていく社会とはどういう社会か”を探っていくのがドラマのテーマにあります。

皆実は、見えないふりをしていて、人の言動をうかがって真実を見透かす。

 

ラストマンロケ地は水戸市で目撃情報!永瀬廉は何役?新人刑事?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました