スマホのバッテリー寿命が年々短くなっていると感じる原因は、充電頻度が高いからだと考えられる件

ここ最近、結構増えているなと感じるのが、スマホのバッテリー寿命が短くなっている事です。

多くの人が高額なスマホを購入して使っていても、約3年程でスマホ本体ではなくバッテリーが寿命を迎えて使えなくなってしまうそうなのです。

昔の携帯電話では、バッテリーの交換は使用者が独自に行えていた自体もありましたが、今のスマホは使用者が簡単に本体を開けられない様な仕様になっている所為もあって、バッテリーの寿命が短くなったなと思って交換しようとしても、難しい状態になっているのです。

もしバッテリーだけ交換したい場合は、スマホを契約している電話会社か、もしくはスマホの本体を製造したメーカーに問い合わせるしか無さそうです。

それにしても、何故スマホのバッテリーが3年程度ですぐ壊れてしまうのかと言うと、多分日頃から日々の使用頻度が高いと言うのが挙げられると思います。

スマホに触っていないのはスマホを充電している時だけ(睡眠している時だけ)と言う人が多いので、それでバッテリーが疲弊してしまうと考えられるでしょう。

バッテリーが消耗してしまう原因は使用頻度もあると思いますが一番の原因は、過度に充電し過ぎた事によるバッテリーの消耗の様です。

他にも、充電コードに刺しっぱなしにして充電し過ぎると、バッテリーに過剰な電流が注ぎ込まれ続ける事になり熱を持ったり、過剰な電力供給でバッテリー自体の許容範囲を超えてしまう事が原因になっている様です。

なので、充電しても100%満タンにするよりも90%台で充電を終わらせると、バッテリーの負担が軽く済むと思います。

寝る前に充電を始めて、朝まで充電をすることをおすすめしません。

長期間同じスマホを使い続けて行きたいけど、いつもバッテリーが駄目になってしまうと言う人は、充電頻度を下げたり満タンまで充電しない様にしてみると良いでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました