映画別れる決心の結末の意味!ラストは究極の愛で衝撃的すぎる! ドラマ映画考察ラボ

映画別れる決心の結末の意味!ラストは究極の愛で衝撃的すぎる!

韓国映画「別れる決心」の結末は、衝撃的すぎて意味がわからなかったという方へ、結末の意味をネタバレします!バケツであそこまで掘れる?と突っ込みましたよね。刑事と犯人の禁断の愛のラストは究極の愛すぎました。

映画別れる決心は、パラサイト半地下の家族の次はこれ!と言われているラブミステリーで、BTSのRMさんが何度も見たとファンであることをテレビ番組で熱く語ったことから、話題になっています。

そこで、映画は公開初日に観に行くので、韓国映画別れる決心の結末の意味をまとめます。

  • 別れる決心の結末は
  • 別れる決心の結末までのあらすじ
  • 刑事と犯人の立場で2回見るとすごい
  • BTSのRMさんが何度も見たと語っていた

美しい殺人犯と逃がした刑事、惹かれ合う2人の揺れ動く気持ちにザワザワしました。

アカデミー賞の国際長編映画賞韓国代表に選ばれていて、日本でも磯村勇斗さんや多くの映画評論家が大絶賛している映画です。

スポンサーリンク

映画別れる決心の結末の意味!ラストは究極の愛で衝撃的すぎる!

美しい犯人と真面目な刑事が惹かれ合い、禁断の愛の心理戦を繰り広げるラブサスペンス

別れる決心の結末は、美しい犯人ソレが海岸にバケツで穴を掘って、穴に入り満潮になって砂に埋まりました。

刑事のヘジュン(パク・ヘイル)がソレ(タン・ウェイ)を探していますが、「足の下にいるよ」と言いたかった!!!

タイトルの別れる決心とは、ソレが別れを決心したということ

ヘジュンは、今まで担当した未解決事件の写真を部屋に貼っていました。

ソレが行方不明になって、まず見つかることはないと思いますから、未解決事件となり、ヘジュンが一生忘れられない事件になることを狙った。

私のことを一生忘れないでという意味です。

禁断の愛が切なくて衝撃的な純愛?展開

刑事のヘジュン目線で映画を見ていたので、ヘジュンの心の動きはわかりましたが、ソレはいつ好きになったの?ソレに騙されているのでは?と思いながら、見てました。

 

ソレ役のタン・ウェイが綺麗すぎる!復讐するために宮廷に入って皇后になる大明皇妃を無料で見る

 

スポンサーリンク

別れる決心の結末までのあらすじ

ヘジュン(パク・ヘイル)は、真面目で用意周到な刑事

妻(イ・ションヒョン)とは週末婚で仲がいい、冒頭からベッドシーン…

登山中に転落死した高齢の男の事件の捜査をすることになる。

転落死した男には年の離れた美しい妻・ソレ(タン・ウェイ)がいて、事情を聴いているうちに瞳に引き込まれてしまう。

ソレは、中国の農村出身で、韓国語は片言、老人療養保護士として働いています。

夫から暴力を受けていたと告白して、夫が死んだことへの動揺は無いことから、ソレが犯人だと疑い、張り込みしているうちに惹かれていく。

張り込みをしているうちにソレが犯人と確信します。

しかし、ソレに証拠品を海に捨てるように忠告します。

 

刑事なのに犯人を好きになり見逃した事への後ろめたさから、別れる決心をします。

そして約1年後、2人は再会する。

ヘジュンは妻のところに引っ越していて、ソレには新しい夫(パクヨンウ)がいました。

2回目の事件が起きます。

そして、衝撃的な結末に続く。

 

スポンサーリンク

ソレの目線で2回目を見る

1回目はヘジュン目線で見ていたので、ソレの気持ちの移り変わりがわかりにくかった。

2回目はソレ目線で見たら、伏線やヘジュンを好きになったタイミングがわかりました。

Twitterの感想でも2回見たといういました。

 

スポンサーリンク

美しすぎるタン・ウェイプロフィール

ソレを演じたタン・ウェイさんは、1979年生まれの中国出身の女優。

映画「ラスト、コーション」(2007年)のオーディションで1万人の中から主役に選ばれ、女スパイ役を演じて大きな話題を呼びました。

その後中国映画を中心に活躍して、2015年には「ブラックハット」でハリウッドに進出しています。

圧倒的な美しさと演技力で、多くのファンを魅了しています。

ソレ役のタン・ウェイが綺麗すぎる!復讐するために宮廷に入って皇后になる大明皇妃を無料で見る

 

スポンサーリンク

BTSのRMさんが何回も見たと報告

BTSのRMさんが繰り返し見たとSNSで報告したことで、ファンは間違いなく何回も見るでしょう。

映画評論家は、1回目は刑事の目線で、2回目は犯人の目線で見ることを勧めています。

 

圧倒的な美しさと演技力のソレ役のタン・ウェイがかっこいい!復讐するために宮廷に入って皇后になる大明皇妃を無料で見る

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました