NHK連続テレビ小説「虎に翼」が令和に問う!”女性弁護士のパイオニア”の熱き人生 ドラマ映画アニメ★考察ラボ

NHK連続テレビ小説「虎に翼」が令和に問う!”女性弁護士のパイオニア”の熱き人生

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2024年4月1日から放送開始されたNHK連続テレビ小説「虎に翼」。早くも「神ドラマ」の呼び声も高く、毎朝の楽しみという方も多いのではないでしょうか?

今回の朝ドラは、日本初の女性弁護士として、そして後に裁判官としても活躍した三淵嘉子さんをモデルとしたオリジナルストーリー。主演は、確かな演技力で人気急上昇中の伊藤沙莉さん! エネルギッシュな伊藤さんが、どんな風に”寅”を演じていくのか、期待が高まりますよね。本記事では迫っていきます。本作は「正欲」と同様傑作と言えるでしょう!

スポンサーリンク

「結婚がすべてじゃない!」 昭和初期、時代に立ち向かった女性の姿

「虎に翼」の魅力は、なんといっても、困難な時代に負けずに夢に向かって突き進む主人公・寅子の姿。舞台は、女性が「良妻賢母」であることを求められた昭和初期。女学校を出たらすぐに結婚、というのが当たり前の時代。そんな風潮に疑問を持ち、「結婚だけが女の幸せじゃない!」と訴え、弁護士を目指す寅子の姿は、現代を生きる私たちにも、どこか重なるものがあるのではないでしょうか?

ドラマでは、そんな寅子を取り巻く、個性豊かな登場人物たちにも注目です。寅子を優しく見守る家族、時にぶつかり合いながらも支え合う女学生時代の友人たち。彼女たちとの出会いを通して、寅子は弁護士として、そして1人の女性として大きく成長していきます。

スポンサーリンク

「あの時代」をリアルに描く! 細部へのこだわりも見逃せない

「虎に翼」は、単なる青春ドラマではありません。世界恐慌や戦争など、激動の昭和を背景に、寅子たちが懸命に生きる姿が描かれているのも大きな見どころです。当時の街並み、服装、音楽…と、細部まで丁寧に再現された世界観に、思わず引き込まれてしまう人も多いはず。

特に、劇中歌として使われているスコットランドのバンド「ベル・アンド・セバスチャン」の「You are so amazing」は、音楽ファンの間でも話題沸騰中! ドラマの世界観と見事にマッチした選曲に、制作陣のこだわりを感じますよね。

スポンサーリンク

「伝説の朝ドラ」となるか!? 今後の展開から目が離せない!

放送開始からまだ間もない「虎に翼」ですが、視聴率も好調で、早くも「伝説の朝ドラになるのでは?」と期待する声も上がっています。今後のストーリー展開としては、寅子の弁護士としての活躍はもちろんのこと、再婚相手との関係性や、戦後の激動の時代をどのように生き抜くのか…など、見どころが満載です。

今回は、「虎に翼」の魅力を、分かりやすくまとめながらご紹介しました。

次回は、より深く「虎に翼」の世界に触れ、実在の人物、三淵嘉子さんとの共通点や違いについて深掘り!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました