ちむどんどん沖縄料理店を開く?東京で沖縄料理の店?

朝ドラ

朝ドラ「ちむどんどん」で、突然レストランを辞めた矢作(井之脇海)が再登場します。

しかも真っ黒なサングラス姿で、ガラの悪い雰囲気…

暢子もビックリする無理な要求を房子に言って立ち去ります。

矢作は、アッラフォンターナのお金と権利書が盗まれた事件に関係してる?

そこで、矢作再登場の疑問に答えます。

  • 矢作と暢子がレストランを開く?のには理由がある
  • 暢子が東京で開くレストランは沖縄料理の店?
  • 和彦が新聞社を辞める
  • 暢子と和彦が沖縄へ移住する

 

矢作は、暢子の結婚相手になるのでは?と思っていたら、19歳で結婚していて既婚者だったことが発覚、その後他のシェフと一緒にレストランを突然やめていなくなった…

でもこのまま矢作がいなくなるわけはないと思っていました。

スポンサーリンク

ちむどんどんで矢作と暢子がレストランを開く?東京で沖縄料理の店?

矢作が再登場すると思っていたのには、理由があります。

公式サイトの矢作の紹介には、「物語の中で紆余曲折を経て、暢子の重要な仲間になっていくことに」と書いてあるから。

このままいなくなるわけはないと思ってたら、やっぱり再登場!

暢子は自分のお店を持ちたいと夢を語っていましたから。

暢子は東京でレストランを開くので、矢作は一緒に働く仲間になると考えられます。

沖縄料理のお店でしょうか。

料理人をしていた父親の賢三(大森南朋)と一緒に沖縄そばを作っていた暢子、やっぱり沖縄料理のお店でしょうね。

ちむどんどんの未来は、全て第一話と第二話と繋がっているとスタッフがインタビューで語っていましたから。

矢作の生い立ちは描かれていませんが、時々沖縄弁を話したり、沖縄のことを知ってそうなそぶりがあって、沖縄に関係あることを匂わせていましたし。

 

暢子がサーターアンダギーを揚げてると食べたくなる!

スポンサーリンク

和彦が新聞社を辞めて暢子と沖縄へ?


和彦は、ニーニーの賢秀が原因で新聞社を辞めることになります。

どこまでも迷惑をかけるニーニー!!!

世の中に沖縄で起きたことを伝えたいという父親(戸次重幸)の意志を継いで新聞記者になった和彦

いずれは暢子と沖縄に移住して、沖縄のことを観光客に語る「語り部」のような仕事をするのでしょうか。

暢子が沖縄に帰るきっかけになる理由は何でしょう。

  • 東京でレストランの経営に失敗する?
  • それともレストランを矢作に引き継ぐ?
  • 子どもを沖縄で育てたいと思った?

いずれ、暢子は沖縄に帰ります。

ちむどんどんの最終回は、沖縄で兄弟たちと仲良く大家族を築いてハッピーエンドと思われます。

その家族の中には、歌子の気持ちに気づいた智が歌子と結婚していたら嬉しいですね。

 

暢子がサーターアンダギーを揚げてると食べたくなる!

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました