呪術廻戦0はつまらない?感想や口コミ評価を答えてもらいました!

映画

劇場版「呪術廻戦0」はつまらない?感想や口コミ評価は?ファンにアンケートして答えてもらいました。

スポンサーリンク

劇場版「呪術廻戦0」はつまらない?感想や口コミ評価は?ファンにアンケートして答えてもらいました。


20代・女性

呪術廻戦0巻は、テレビアニメでは名前しか登場しなかったキャラクター、乙骨憂太をメインとした呪術廻戦本編の前日譚です。

乙骨は、かつての幼馴染であった里香の怨霊に取りつかれ、周りの人々が里香に呪い殺されることから、五条悟が教師を務める都立呪術高専に編入することになります。

同級生は、真希、狗巻、パンダのメンツ。

五条からほとんど説明もなく編入してきた乙骨は、ピリピリした雰囲気の同級生にオドオドしつつも、任務や鍛錬の中で仲を深め、成長していきます。

そんな中、呪詛師夏油傑による百鬼夜行が実行されます。

危機に際し、最大限のパワー開放をした里香・乙骨と、呪霊操術の使い手であり、4461体の呪霊を扱う夏油による激戦の後、夏油は負傷。

逃亡を図ろうとしていたところを、五条に出くわします。

今は敵同士ですが、元々親友であった五条と夏油は最期に話をし、夏油は逃げることなく静かに五条に殺されます。

乙骨は、里香にかけていた呪いを解呪します。

 

30代男性

 

0巻はメインストーリーの虎杖悠仁の1つ上の学年の2年生の話です。

メインストーリーでは最強の2年の乙骨憂太が海外にいる紹介されていました。

その最強キャラである乙骨憂太はどんな人物なのかを紹介してくれているのが0巻です。

いじめられっ子だった乙骨憂太には彼女であるりかちゃんという女性がいました。

そのりかちゃんと幼い時に結婚の約束をしました。

「ぼくらはずっとずっといっしょだね」という言葉を交しました。

そのりかちゃんは交通事故で無くなりました。

りかちゃんは亡くなったにも関わらず、乙骨憂太を助ける為に呪霊となり死んでからも乙骨憂太のそばにいるようになりました。

乙骨憂太が危険な事が起こると全てりかちゃんが助けて貰い、乙骨憂太は最強なキャラクターとなりました。

りかちゃんに呪われていると思っていたが、それは逆で乙骨憂太がりかちゃんに幼い時に伝えた「ずっとずっといっしょだね」という言葉を守り、死んでからも呪霊という姿で彼の傍にいてました。

彼の呪いだと言う事が発覚し、0巻の最後にりかちゃんを自由にさせてあげるということで成仏してあげた話です。

2年生の色んなキャラ、先生方のキャラも詳しくでていてメインストーリーとは別ですがとてもメインストーリーを面白くする為の0巻だと思います。

 

30代・男性

呪術廻戦0巻は大規模なテロだとされている百鬼夜行以前の時間軸で、主人公が虎杖悠仁ではないのが特徴です。

0巻は主人公である乙骨憂太が本編の方の虎杖と同様に秘匿死刑が決定された時点から物語が始まります。

そこで待ったをかけたの人物は五条悟です。

本編と同じような流れで秘匿死刑を免れ高専に呪術師見習いとして入学した乙骨はパンダや禪院真希と共に呪霊を払いつつ自らに課された「呪い」と向き合っていきます。

五条悟の同級生で元特級呪術の夏油傑は乙骨憂太に憑いた折本里香に興味を示し、乙骨憂太を仲間に引き入れようとします。

夏油一派が百鬼夜行を決行すると五条悟を始め、呪術師は沈静化を図ります。

そんな中乙骨憂太は夏油と戦闘を行うことになり折本里香との対話を試みて最大の呪力を解き放ちます。

戦闘が終わり百鬼夜行の対処も終わりを迎え、乙骨の解呪が完了しました。

折本里香と乙骨憂太の関係性ですが実は折本里香は乙骨憂太の死んだ幼馴染で結婚を誓い合った仲でした。

実は「乙骨憂太に憑いた折本里香」ではなく「乙骨憂太に呪われた折本里香」という構図だったのです。

五条悟が成仏ではなく解呪と言っていたのは最初から乙骨憂太が呪術師といて優秀な力を持っていたことを見抜いていたからです。

0巻は呪術廻戦を知ったうえで読む印象と知らなくて読む印象が大きく異なると私は読んで感じました。

「約束は呪いである」という世界観が色濃く滲み出ている作品でした。

 

30代・男性

 

呪術廻戦0巻は呪術廻戦の主人公虎杖悠仁が呪術学校に入学する前の話しになります。

主人公は呪術廻戦で後に出てくる乙骨憂太です。

乙骨は祈本里香という幼馴染がいたが、11歳で交通事故により亡くなってしまったが乙骨が大好きで特級呪物となり取り憑いてしまいました。

原因は知らない間に乙骨が里香に従う呪いをかけてしまったこと。

それで、幼馴染の里香の呪いを解くために呪物学校に転校しました。

特訓をして、先輩である狗巻のサポートとして呪いを祓いに行ったが、そこで負けてしまいました。

実は呪いを祓いに行き、戦った呪物が五条悟の同期の夏油傑が仕組んだものでした。

ここから夏油傑の人間を殺していくことが始まり、その目的を果たすために乙骨に取り憑いている祈もとても里香を自分に取り込むことでした。

そして、乙骨と戦い里香を取り込もうとしたが乙骨が里香に戦いで死んだらあの世に一緒に行くと伝え、夏油に勝ちました。

0巻の最後は、戦いの後に里香が特級呪物の見た目から過去の幼い里香の姿になり、乙骨に最後の言葉を伝え、無事に呪いを解き乙骨の前から消えてしまいました。

この0巻を読んで、とても感動したのでこれが映像化されるので涙なしでは見れないです。

また、呪術廻戦の方での乙骨と里香の見方も変わります。

1巻完結なので呪術廻戦に入る前に1度読んでほしいです。

 

30代・男性

呪術廻戦0巻は、乙骨憂太という高校生が呪いに巻き込まれてから、成長していくストーリーである。

物語の始まりは乙骨憂太が普通の高校に通っているところから始まる。

いじめにあっている乙骨憂太だったが、いじめをしている4人がロッカーに詰められて重症になってしまう。

この事件が自分のせいだと知っている乙骨憂太は1人でいることを選ぶが、呪術高専の教師である五条悟につれられて呪術高専に通うことになる。

そこで話は乙骨憂太の過去へさかのぼる。

乙骨憂太は里香という女の子に結婚指輪をプレゼントし、大人になったら結婚しようと約束をする。

しかしその後、里香は交通事故にあってしまう。

頭の潰れた里香の遺体が乙骨憂太にしがみつき、こう話しかける。

憂太、大人になったら結婚する約束だよ、と。

その後呪いとなって乙骨憂太にとりついた里香は乙骨憂太に危害を加える者を呪っていくのである。

呪術高専に入った乙骨憂太は同級生と共に呪霊を払っていく。

その過程で自分の言葉が里香を呪ったと悟った乙骨憂太は自分が里香の呪いを解くと心に決める。

その頃、夏油という呪術師が乙骨憂太に目を付ける。

夏油は非術師を皆殺しにして呪術師の世界を作るという思想のもと、協力な呪力をもつ里香を自分のものにしようとするのである。

12月24日、京都と新宿に千の呪いを放った夏油は乙骨憂太と直接対峙する

数多くの呪霊を操る夏油に苦戦する乙骨憂太だったが、乙骨憂太は呪いとなった里香と向き合い、愛している、一緒に逝こう、と口づけをする。

自らが生け贄になり里香の制限がなくなった乙骨憂太は夏油を退けるのである。

自らが生け贄になって死ぬ覚悟を決めた乙骨憂太に、呪いとなった里香から子供の里香が現れる。

里香に呪われていると思っていた乙骨憂太だったが、実は乙骨憂太が里香が死ぬことを拒み、呪っていたのである。

一緒に死のうと里香の死を受け入れたため、里香の呪いを解くことができたのであった。

里香に別れをつげた乙骨憂太。

新しい人生を踏み出した彼の手には里香との指輪がつけられていた。

 

20代・男性

呪術廻戦0巻は虎杖たちが入学する一年前の話を描いている。

そのため、主人公が虎杖ではない。

0巻での主人公は、乙骨優太。彼は己につく怨霊、里香に苦しみ、自身の死刑を望んでいた。

そんな中、呪いを祓うため学ぶ学校、「都立呪術高専」の教師、五条悟が乙骨を高専へ転入させる所から物語が始まる。

同級生の狗巻棘、禪院真希、パンダと共に日々の訓練、任務に勤しんでいた。

乙骨が入学してきてしばらくしてきたころ、呪詛師、夏油傑による百鬼夜行が行われる。

多くの呪術師が対応するが、数が多く手が回らない。同級生たちも次々に倒れてしまう。

それに怒りを覚えた乙骨は里香を使いこなしながら夏油に挑む。

見事夏油を撃退し、里香の解呪に成功する。

夏油は大けがをおい、逃げようとするもかつての親友、五条に殺されてしまう。

これから里香がいなくても戦えるようにと海外に修行に赴く乙骨。

今よりもっと強くなり、みんなを守ることを決意。

そして物語は一巻へと続いていく。

 

30代男性

本作は、主人公虎杖が登場する前日譚であり、彼等1年生は登場しません。

現2年生である乙骨憂太が主人公で、本編より1年前の話になります。

乙骨は幼少期仲良くしていた少女祈本里香がいましたが、交通事故で死亡した過去を持ちます。

以来、乙骨には特級怨霊と化したリカちゃんがとりつくことになり、彼を虐める者に危害を与えていました。

呪術協会は乙骨を処刑対象として確保し、五条悟が彼を護るために担任となり、乙骨は呪いを解く為、呪術高専へ入学することになります。

呪具使いの禪院真希、呪言師の狗巻棘、謎のパンダと共に乙骨は呪霊討伐任務をこなしていきます。

同じころ、五条の同期夏油傑は呪詛師を率いて新宿と京都に百鬼夜行を行うテロを企てます。

夏油の宣言に呪術サイドは人員を確保して待ち構えますが、夏油の真の目的は乙骨が用いる特級過呪怨霊リカでした。

リカを取り込む為に百鬼夜行を起こし密かに乙骨に接触し戦いに挑みます。

しかし、怨霊リカは呪力源ではなく乙骨本人の呪力で作り出したものだと判明し、彼の圧倒的呪力の前に夏油は敗北してしまいます。

また、満身創痍の夏油の下に五条が辿り着き、二人は昔馴染みの会話を楽しみます。

そして、五条は彼を処刑します。

長い間リカを怨霊として縛っていた乙骨はようやく彼女を解き放ち、リカもまた当時の姿に戻り、彼に感謝を述べて消滅していきました。

乙骨は高専の一人として新しく歩き始めます。


スポンサーリンク

呪術廻戦の登場人物

主人公の虎杖悠仁がとても優しく、裏表のない性格です。

そんな彼は自身の祖父の遺言の「お前は強いから人を助けろ、大勢に囲まれて死ね」と言われ、その遺言を全うしよと人助けとして呪術師になる。

その呪術師仲間の伏黒恵と釘崎野薔薇と出会う。

伏黒恵はとてもクールなキャラで冷静に物事をすすめるキャラクターです。

釘崎野薔薇は女性でとてもイケイケの気の強いキャラクターです。

そんなキャラ被りのない3人グループを育ててくれている先生が五条悟という呪術廻戦で1番最強キャラです。

五条悟はめちゃくちゃイケメンでとにかく強い。

五条悟が登場するとみんなドキドキワクワクするに間違いないでしょう。

他にもたくさんキャラクターはいてますが、この4人が1番の重要キャラクターです。

そんな仲間がいろんな強い敵に挑んでいく姿、強くなっていく姿が見ていてとても楽しみです。

スポンサーリンク

呪術廻戦の魅力



呪術廻戦の魅力は何といっても登場人物のキャラクターが濃いという点です。

ホラーやグロテスクチックな物語の構成ですがそれでも読んでいられるのはキャラクターが魅力的だからだと思います。

作者公認の作中最強の実力を持つ五条悟、本作の主人公である虎杖悠仁、主人公の同級生である伏黒恵などのキャラクターが登場

それぞれのキャラクターの関係性や能力が異なっていて複雑ですが面白いです。

呪術という異能力を扱った作品なので頭を使った戦闘が行われており、
よくある力業や脳筋ゴリ押しになることが少ないです。

王道のバトル漫画の要素は含まれていますが、倒した敵が仲間になったり、味方が都合よく助かったりしないため、鬱展開と呼ばれればそれまでなのですがその分リアリティーのある作品となっております。

20代・女

呪術廻戦の魅力はとにかく続き、終わりが気になります。

最初は全く惹かれなかったのですが、途中から過去に死んだはずの五条悟の同期の夏油傑が生きていたが、過去になかった額の縫い目があり、実は身体は夏油傑・脳内は別の人物なこと。

そして、主人公虎杖悠仁の存在しない記憶や父の額に何かなかったかなど、いろいろな伏線が張り巡らされているところです。

結構なメインキャラクターが殉職していくのには衝撃を受けました。

特に七海建人というキャラクターがすごく好きなのでショックでしたが、虎杖悠仁に思いを託す部分は感動的でした。

また、殉職してはいますが死に際が、死んだの?と言う様な表現なので実は生きていたりしても不思議ではない気がするところです。

 

30代男性

呪術廻戦の魅力は大きく2つある。

まず1つは個性溢れるキャラクターたちの魅力だ。

主人公の虎杖 悠仁は典型的なジャンプの主人公タイプで、男気溢れる男子高校生。

目の前で人が不幸になるのが許せない、人を助けることを信条としている。

通常ならこの虎杖が人気が出るのだが、呪術廻戦はこの主人公が霞むほどその他のキャラクターが魅力的である。

特に人気なのが、虎杖の呪術高専の先生である五条 悟だ。

無下限呪術を扱い、無限の力を使うという男子の心をわしづかみにする能力と、端正な顔立ちで女性人気も高い。

その他にも、伏黒 恵、釘崎 野薔薇、東堂 葵と魅力的なキャラクターが多数いる。

また、もうひとつの魅力として呪いをテーマにしているので暗い話や救いのない話があるのも現代の読者の需要とマッチしている

 

本編内容は身体能力超人の虎杖が特級呪物宿儺の指を飲み込んだ頃による受難を描いた物語です。
唯一関わりのある祖父の最期の言葉「たくさん助けて人に囲まれて死ぬ」という遺言が虎杖の行動原理となり、目の前の人間を助けることに奔走します。
しかし、特級呪物宿儺の指は全部で20本存在し、1本でも危険極まりない代物で、呪術師を統制する呪術協会本部は虎杖の処刑を決定します。
虎杖はすぐに処刑することより、多くの人を助け、多くの指を取り込んで死ぬことを選びます。
そんな虎杖の気持ちとは裏腹に、宿儺の呪いは彼に悲劇ばかりを与えていき、次第に虎杖の精神はズタボロになっていきます。
呪術師として生きていくことを決めた虎杖は、同じ呪術高専1年生の伏黒と釘崎と共に様々な呪霊と戦い成長していきます。
そして、彼らの担任で人類最強と謳われる五条悟の存在が物語のキーマンとなります。
呪術師と相対する勢力が彼等を狙い、民間人を巻き込んでの呪力抗争へと発展していきます。
呪いをテーマにした戦いと個性ありキャラクターが衝突する気の抜けない展開の数々がこの作品の魅力です。


スポンサーリンク

呪術廻戦とは

呪術廻戦は週刊少年ジャンプ連載の人気作品で、人間の負の感情から生まれる呪霊と、その呪霊を祓う呪術師との闘いを描いた所謂、ダークファンタジーものです。

ファンタジーといえども、現実にリンクする部分がかなり多く、非常に引き込まれる作品です。

呪術廻戦に登場するキャラクターはみな魅力満載ではありますが、その中でも特に人気が高いのが、呪術高専教師の五条悟です。

最強の術師であり、六眼の瞳を持つ190㎝超えの白髪イケメンで、呪術界御三家・五条家の当主であり、甘いものが好きで、下戸…という何とも特性てんこ盛り、魅力が多すぎるキャラクターです。

五条は、唯一、恵の父、伏黒甚爾にかつて半殺しにはされているものの、いつ如何なる時も相手をボコボコにしてくれるので、戦闘シーンの爽快感は最高で、ストレスが溜まっている人にはたまらないと思います。

 

恨み、辛み、恥辱など、人間の負の感情から生まれる化け物、「呪霊」。

これを呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いたダークファンタジー漫画。

類稀なる身体能力を持つ主人公、虎杖悠仁がひょんなことから取り込んでしまった強力な特級呪物、「両面宿儺の指」をめぐり、壮絶な戦いが繰り広げられる。

その中で亡き祖父の遺言「お前は強いから人を助けろ」という言葉を胸に正しい死を追及する。

虎杖の同級生、クールで恵まれた術式をもつ伏黒恵、気が強くおしゃれに人一倍敏感な釘崎野薔薇、最強を謳う唯一の六眼の持ち主、五条悟など、個性豊かなキャラクターたちと共に繰り広げる呪術師の日常は必見である。

壮絶な戦いを描きつつ、コミカルな日常回とのギャップにハマる人も多いのでは。


映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました