夏野菜がたくさん出回って来たので、なるべく旬の野菜は食べる様にする

スーパーの野菜売り場の方では最近、夏が旬の野菜がたくさん陳列されている所を見かける様になって来ました。

オクラやナスやキュウリは、夏が旬の野菜なので今の時期に収穫されているモノは、ハウス栽培の野菜よりもサイズが大きかったり色が濃かったりするのです。

まず、サイズが大きい理由としては、太陽光の降り注ぐ量が多いので光合成がしっかりと出来ているからだと思われます。

野菜の一つ一つに、しっかりと栄養成分を溜め込んでいるので、冬場にハウス栽培から出荷されていたモノよりも味が濃いので、積極的に食べて行って欲しいですね。

また、夏場の方が色が濃くなっている野菜が多い理由ですが、強い太陽光からその実を守るために紫外線を中に浸透させない工夫が、あの野菜の濃い色の正体です。

ナスならアントシアニン、トマトならリコピンと呼ばれたりしていますが、これらはポリフェノールの一種で抗酸化作用が高いと言われています。

太陽光の中の紫外線は人間の身体にも害を成す様に、野菜にも害がある存在なので、その紫外線から身を守るために網足したのが、それぞれの濃いあの色だったりするのです。

ポリフェノールは色んな野菜や果物にも含まれていますが、人体にはとても有益な成分なので、いつでも積極的に食べて行く事をお勧めします。

その濃い色を食べることにより、人の身体には野菜から得た抗酸化作用が入って人の身体でもその作用を発揮してくれることになるので、身体を健康的に保ち続けて行きたい人や、いつまでも若々しく過ごしたい人は、夏野菜をたくさん食べて欲しいと思います。

もちろん、1年中野菜はいつでもたくさん食べて行きましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました