最愛ドラマのネタバレ!橘しおりは田中みな実!ライターで色気無しの荒々しい役

2021年10月からのドラマ
2021年10月秋ドラマ

ドラマ「最愛」で橘しおり役の田中みな実さん、今までにない色気無しで演じる荒々しい役を演じます。橘しおりをネタバレします!

10月4日放送のドラマ「ラジエーションハウス2」の第1話にゲスト出演してました。

華やかなバイオリニストで演奏中に倒れて、病院に運ばれる役でした。

 

りんか
りんか

ドラマ「最愛」の役とは真逆の役

今まで田中みな実さんが、ドラマで演じてきた役もまとめていますよ!

今までは、色気たっぷりの女王様的な役、女子力高めの役が多かったですが、今回のドラマ「最愛」では監督に色気を封印してほしいと言われています。

 

吉高由里子さん主演の金曜ドラマ『最愛』(TBSテレビ系)が、2021年10月15日よりスタートしました。

 

本作には、田中みな実さんが出演されるのですが、今回の田中みな実さんは、持ち前の色っぽさは封印で、荒々しい役に挑戦されます。

 

この記事では、そんな気になる田中みな実さんの役どころについて迫ります!

田中みな実さん演じる橘しおりのキャラクター性格は?

3人と絡む橘しおり(田中みな実)をネタバレします!

 

スポンサーリンク

最愛ドラマのネタバレ!橘しおりは田中みな実!ライターで色気無しの荒々しい役

ドラマ「最愛」で田中みな実さんが演じる橘しおりは、フリーランスのノンフィクションライターです。

 

しおりは、曲がったことが嫌いで、負けず嫌いな性格。

 

かつては、大手新聞社の記者でしたが、忖度せずに真実を記事にしたくて、フリーになったという経歴を持ちます。

 

しおりが追っているのは、梨央(吉高由里子)が代表取締役社長を務める真田グループ。

 

梨央の母親である梓(薬師丸ひろ子)や梨央に執拗につきまとい、やがて梨央にの封印されていた過去にも近づいていきます。

 

しおりの真相究明に躍起になる様子や、取材対象に向かっていく気迫は、梨央たちから見れば脅威でしょう。

 

スポンサーリンク

しおりは男勝りのワイルドなキャラ

もともとTBSのアナウンサーだった田中みな実さん。

 

ご自身がアナウンサーとして勤めていたTBS局のドラマ作品に出演できることがうれしいとコメントしています。

 

『最愛』は、物語が目まぐるしく展開していきますので、先のストーリーが早く知りたくてうずうずしちゃうのだとか。

 

田中みな実さん演じるしおりは、序盤はあまり出てこないので、まだキャラクターを掴み切れていないのだそうです。

 

本作の演出を務める塚原あゆ子さんからは、「極力、田中みな実っぽさをそぎ落としたい」と言われているのだそうで、苦戦しているとのことです。

 

田中みな実さんと言えば、香り立つような女っぽさや色気が特徴的ですが、今回演じるしおりは荒々しく男性的な女性です。

 

座るときは足を広げ、カメラを持つときもワイルドに…と細かい仕草にも気を配っているという田中みな実さん。

 

りんか
りんか

普段の田中みな実さんとは対極とも言える役どころですね。

田中みな実さんはカメラの扱い方や、記者の方々のリアルを研究中です。

 

ドラマ「最愛」のネタバレ!真犯人は誰?事件の全てを知っているのは

最愛ネタバレ!最終回の結末は故郷でハッピーエンドな理由がある!

 

最愛の原作?とも言われる強い影響を受けてるドラマ「Nのために」

⇩ドラマ「Nのために」を無料で見るならこちらをクリック⇩

ドラマ「Nのために」のフル動画を無料で見るにはおすすめはどこの配信サービス?

 

スポンサーリンク

今までのドラマ出演は強烈な役多い

田中みな実さんが今までにドラマで演じてきた役どころについて紹介します。

ルパンの娘はドロンジョ様

田中みな実さんが演じたのは、通称『ドロンジョ様』と呼ばれているセクシーな女泥棒・双葉美羽です。

美羽は、『ルパンの娘』のパート1にも2にも登場しました。

 

男性を次々に誘惑する小悪魔する美羽は悪役ながら、とってもキュート。

 

ヒロインの深田恭子さんにもひけをとらない華やかさがありました。

 

M愛すべき人がいては眼帯が話題に

田中みな実さんが演じたのは、敏腕プロデューサー・マサ(三浦翔平)の秘書である姫野礼香です。

 

りんか
りんか

みかんの皮のような謎の眼帯を付けていて、

眼帯が博多の有名なお菓子の「博多通りもん」に似てると話題になりました!

 

みかんの皮のような謎の眼帯を付けた礼香は、執拗にマサにつきまとい、自分の目について責任をとるように追い詰めます。

 

やがて、マサが主人公のアユ(安斉かれん)と心を通わせていくことに業を煮やした礼香は、二人を引き裂くべく大暴れ。

 

クセのある役どころでお茶の間を爆笑(?)させました。

 

僕の殺意が恋をしたはまさかの展開

9月まで放送していたドラマ「僕の殺意が恋をした」

 

田中みな実さんが演じた水瀬千景は、物語の前半は鳴宮美月のチーフアシスタントかと思われていましたが、実は本物の鳴宮美月でした。

 

イケメン見つけると媚びるように声を掛けたり、意味深な表情や行動をしたりと、田中みな実さんらしい小悪魔感やミステリアスさが光る役どころでした。

 

りんか
りんか

決して出番は多くないけど印象に残り、怪しい演技が良かったと思います。

 

ドラマ「最愛」のネタバレ!真犯人は誰?事件の全てを知っているのは

最愛ネタバレ!最終回の結末は故郷でハッピーエンドな理由がある!

 

最愛の原作?とも言われる強い影響を受けてるドラマ「Nのために」

⇩ドラマ「Nのために」を無料で見るならこちらをクリック⇩

ドラマ「Nのために」のフル動画を無料で見るにはおすすめはどこの配信サービス?

スポンサーリンク

最愛の公式サイトと動画を見て

今まで、田中みな実さんが演じた役どころは、女性であることを武器にしている『イイ女』ばかりでした。

 

しかし、今回『最愛』で、田中みな実さんが見せている姿は、化粧っ気がなく、無造作に髪の毛をまとめており、おしゃれに頓着のない服を着用しています。

 

あまりに普段の田中みな実さんの印象と違ってびっくりしてしまいましたが、ナチュラルな田中みな実さんもやっぱりきれいだし、かっこいいなと思いました。

スポンサーリンク

ドラマ『最愛』の簡単なあらすじ

2006年、のどかな田舎町で、あるひとつの失踪事件が起こります。

 

その頃、主人公の真田梨央(吉高由里子)は、まだ高校生。

笑顔を絶やさない明るい女の子だった彼女は、青春を謳歌していました。

 

父親が大学陸上部の寮の寮夫である梨央は、寮の看板娘でもありました。

そんな梨央ですが、高校卒業後は都内の大学の薬学部へ進学するため、上京します。

 

それから月日は流れ、事件から15年が経過した頃、事件の関係者が梨央の前に現れます。

梨央は、連続殺人事件の重要参考人なのです。

 

梨央の事件を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)は、梨央の初恋の相手であり最愛の人でした。

一方、梨央の弁護士である加瀬賢一郎(井浦新)は、梨央を命がけで守ろうとしています。

そんな3人がたどり着く事件の真相は?

 

ドラマ「最愛」のネタバレ!真犯人は誰?事件の全てを知っているのは

最愛ネタバレ!最終回の結末は故郷でハッピーエンドな理由がある!

 

最愛の原作?とも言われる強い影響を受けてるドラマ「Nのために」

⇩ドラマ「Nのために」を無料で見るならこちらをクリック⇩

ドラマ「Nのために」のフル動画を無料で見るにはおすすめはどこの配信サービス?

スポンサーリンク

まとめ

ドラマ『最愛』で田中みな実さんは、殺人事件を追うノンフィクションライター役を演じます。

演出家には「色気を消して」と言われているという田中みな実さん。

色気がなく、地味な田中みな実さんは、かなりレアですので、このドラマはかなり話題になると思います。

10月からの連ドラが楽しみになってきましたね。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました