鎌倉殿の13人善児死がきっかけで善児に死亡フラグが立つ?

大河ドラマ

鎌倉殿の13人で、源範頼の死亡フラグが立った!範頼は善児死する?範頼の暗殺がきっかけで、善児に死亡フラグが立ちます。

毎週オープニングに名前があるだけで、恐れられてきた善児にまさかの死亡フラグが立つことが予想されます。

そこで、善児の疑問に答えます。

  • 範頼は善児死なの?
  • 範頼は兄思いだったのに
  • 大泉洋のせい?
  • 善児に死亡フラグが立つ?
  • 善児に暗殺された人々リスト

毎週、善児の名前がオープニングにあると「今日は誰が死ぬ?」と話題になる善児死フラグ

 

あおい
あおい

範頼の暗殺がきっかけで、善児にも死亡フラグが立つと予想します!

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の範頼の善児死がきっかけでフラグ立つ?

 

範頼(迫田孝也)の死因は、善児死です!

穏やかに頼朝を見守っていた兄思いの範頼に何があった!

範頼の善児死フラグの始まり

頼朝は上洛しましたが、御家人たちの飲んでいる席に来ないことにみなが不満を言いました。

そんな中でも範頼(迫田孝也)は、御家人たちの不満を黙って聞いてなだめています。

 

あおい
あおい

穏やかで兄思いのいい人

範頼はつい比企能員(佐藤二朗)に愚痴のようなことを言ってしまいます。

 

怖い!比企は頼朝への陰謀をたくらみはじめていますから、範頼が罠にはまりそうになりました。

 

しかし、今まで控えめだった範頼の存在がピックアップされると「範頼の死亡フラグ立った」とTwitterで話題になってました。

 

範頼が比企能員(佐藤二朗)の罠にはまる

 

しかし、工藤祐経への復讐に見せかけた頼朝の謀反が起きて、頼朝が暗殺されたという噂が伝わります。

そこで、比企は範頼に2代目鎌倉殿になるように持ち上げます。

 

頼朝の生死をきちんと確かめていないのに大江広元も盛り上げる。

そして、大江広元は、生きていた頼朝に範頼が鎌倉殿になったようにふるまっていたと伝えました。

そして頼朝は怒りに震えます。

 

出る杭は討つ頼朝ですから、範頼がターゲットになります。

 

あおい
あおい

比企も悪くなってきたけど、大江広元も悪い!

頼朝の範頼への不信感が止まらない

範頼は、頼朝に信じてほしくて話しますが、範頼への不信感は止まらず

範頼は修善寺で謹慎することになります。

大姫の病死で範頼の危機

範頼は、修善寺に行ったことで、命は助かったと思いましたが、大姫(南沙良)が病死したことで事態が変わります。

頼朝は大姫を後鳥羽天皇(尾上松也)に嫁がせようとしましたが、後白河法皇(西田敏行)が亡くなったので、保留になっていました。

そこで、一条家に嫁がせようとしますが、大姫が許嫁がいると断ってしまう。

あおい
あおい

大姫はまだ初恋の義高を思っているのでしょうか。

大姫は、後鳥羽天皇に嫁ぐことを覚悟して京都に行きますが、丹後局(鈴木京香)が厳しかった!!!

何もかもが嫌になった時、高熱で倒れて20歳の若さで亡くなります。

 

しかし、天皇家への嫁入りを諦めない頼朝、大姫の病死が思わぬ方向へ行きます。

大姫が病死したのは範頼のせい

大姫が亡くなって、気持ちが不安定な頼朝は、病死したのは範頼のせいだと言い出す。

その頃範頼は、修善寺で畑仕事をして穏やかに過ごしていました。

そんな中、梶原景時(中村獅童)が操る善児(梶原善)によって命を奪われました。

スポンサーリンク

善児に死亡フラグが立つきっかけ

しかも善児は、一緒に畑仕事をしていた村人まで暗殺してしまいます。

 

あおい
あおい

暗殺者は顔を見られたら、全員消すのか

その様子を見ていた村娘のトウは、親しい村人や家族も殺された、善児に恨みを持ったはず

 

しかも後にトウは、善児の弟子になるんです。

トウのキャスト発表では、「善児に育てられる孤児」とされていて、アクションに定評のある山本千尋さんが大抜擢されています。

 

あおい
あおい

なぜ、トウが善児の弟子になった?と思いますよね。

 

予想:トウは村人たちの復讐をするために善児に弟子入りして、善児への復讐の機会を狙っているのではないでしょうか。

善児が

スポンサーリンク

善児に暗殺された登場人物まとめました

⇩善児死リストはこちらの記事⇩

鎌倉殿の13人の善児の最後はトウに復讐される?善児死した登場人物をまとめました!

 

頼朝の最後死因は落馬!2代目鎌倉殿になっていよいよ13人が動き出す!!

 

 


小栗旬さんの織田信長が最高だった「信長協奏曲」山田孝之さんの秀吉がヤバかった!

映画信長協奏曲を配信サイトで無料視聴!フル動画をスマホでも見られる方法あります

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました