ミステリと言う勿れ焼き肉屋デートで強盗事件!暗号の意味!志田未来の演技がスゴイ!

2022年1月からのドラマ

ドラマ・ミステリと言う勿れで、整とライカが初詣後に焼き肉屋デートをします。

毎回、最後に衝撃展開が発覚するミステリと言う勿れ

3月14日放送の焼肉屋デートでは、店主?の堀部圭亮、接客をする志田未来に秘密があります。

最後、すごい展開が待ってますよ!

その後には、ライカの正体が判明します!

まだまだ、事件の数々が残ってますが、いつまで放送?最終回はいつ?

 

そこで、ミステリと言う勿れの疑問に答えます。

  • 焼き肉屋の秘密とは
  • ライカの正体が判明する
  • ミステリと言う勿れの最終回はいつ?
  • 最終回の結末はどうなる?

 

続編やスペシャルドラマ、映画化もありそうですよ!

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れ焼き肉屋デートで強盗事件に遭遇!志田未来の演技がスゴイ!

焼き肉屋の秘密とは!

整とライカが初詣をした後、ライカは焼き肉屋に行こうと誘いました。

2人が焼き肉屋に入ると、店主の父親らしき人(堀部圭亮)が、店を閉めようとしていることを伝えようとしますが、娘らしき人(志田未来)は、「せっかくのお客さんだから」と言って入れてもらえました。

ところが、娘がお水とおしぼりを出している手が震えいています。

店主の父親らしき人物は強盗でした!

娘の暗号の意味

その様子で、何かあると感じ取ったライカがいつもの数字の暗号で整に伝えます。

 

2人が数字の暗号で話していることに気づいた娘は、メニューや硬貨の数字で2人に状況を伝えようとします。

整に娘は「小銭を落としていませんか?」と聞き、手には5円と10円硬貨がありました。

5ゴー・10トウと伝えたかった。

しかし、2人は「落としてません」と答えます。

 

伝わらなかったと思った娘は、

「ゴーヤトーフです、フヤフヤじゃないけど」と意味のわからないことを言いつつ、サービスで普通の豆腐を出しました。

ゴーヤトーフのフとヤを抜いて、ゴートー=強盗です。

 

2人におすすめメニューを聞かれた娘は「タン塩・酢モツ・ケジャン・テールスープ」と言います。

焼肉屋であまりおすすめしないケジャンやメニューにない酢モツを提案

父親を装っている強盗は「やっぱりカルビ、ハラミ、ロースだろ」といいます。

ここで整が娘の暗号に気づきます。

おすすめのメニューの頭文字を取って「たすけて」

 

しかし、2人は焼肉を食べた後、支払いを済ませてお店を出ます。

暗号が伝わらなかったことに娘は愕然としました。

 

しかし、ボールペンを忘れたことに気づいた2人は焼き肉屋に戻ります。

そして整は、「なぜドラマでは、追いかけている犯人に遠くから声をかけるんでしょうね」といつもの意味深なセリフを言う。

強盗はその言葉を理解できないでいましたが、そこへ警察官がきて逮捕されました。

2人は、焼肉屋を出たタイミングで警察に通報していたんです。

 

実は、ライカは焼き肉屋に入る前から、察知していました。

普段は開いていない時間に焼肉屋が開いていて、不審に思っていたのです。

 

ライカの観察力、娘の機転で事件が解決しました。

ほんと、ただのエピソードでは終わらない事件ばかりです。

 

しかし、整が行くところの全てで事件が起きる、

整が事件を引き寄せているのか、誰かのメッセージなのか?

 

最終回の結末は黒幕が衝撃の天達先生と予想します!

スポンサーリンク

ライカの正体は二重人格だった

ライカは解離性同一性障害(二重人格)で、本名は千夜子といいます。

 

千夜子は父親から酷い虐待を受けており、自分を守るために「ライカ」という人格を作り出しました。

 

ライカという名前も、父親が好きだったカメラのライカから取っています。

 

本当は父親に愛されたかったという気持ちから名付けられたようです。

 

りんか
りんか

整には「千夜子」は妹だと説明しており、整も信じて疑いませんでした。

 

ライカはミステリアスで中性的な見た目の女性。

 

記憶力がよく、整に負けない推察力を持っています。

 

りんか
りんか

ローマ皇帝の自省録という本を丸暗記していて、その本を使って暗号を作り整と会話します!ただ者じゃない!

 

最終回の結末は黒幕が衝撃の天達先生と予想します!

 

スポンサーリンク

ライカと整の関係2人の切ない別れ


ライカは原作漫画の4巻の最後に登場します!

ドラマでは、早く出るのかな!

 

りんか
りんか

整がライカに恋をした?

2人の関係がどうなるのか気になる!

 

ライカと整は残念ながら恋愛関係にはなりません!

 

ライカは頭の病気で入院しており、病院で整と出会いました。

 

整は謎多きライカの知識の多さや洞察力の高さに惹かれ、だんだん特別な存在になっていきます。

 

2人は一緒に初詣に行ったりクリスマスプレゼントを交換したりと、何だかいい雰囲気ですが…

 

りんか
りんか

整にも春が来たか?と思ったとき、ライカが実は解離性同一性障害だと判明します。

 

整はライカから、千夜子が作り出したライカという人格はもうすぐ統合して消えてしまうと打ち明けられます。

 

そして千夜子自身は整のことを何も知らない、だから千夜子には話しかけないでほしいと説明しました。

 

りんか
りんか

整の初恋になりそうだったのに…2人のラストは切ないです。

 

原作の漫画はかなり読みごたえがあって、心に刺さる整の名言も満載です!

 

最新刊は10巻(2022年2月現在)です!大人買いもしやすい!

楽天なら、「あす楽」に設定すれば、明日届きます^^


ミステリと言う勿れ 1-9巻セット (フラワーコミックス α) [ 田村 由美 ]

 

最終回の結末は黒幕が衝撃の天達先生と予想します!

 

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れの最終回はいつ?

最終回はいつなのか、まだ不明です。

しかし、3月14日に焼き肉屋のエピソードを放送します。

原作の漫画では、その後にガロの妹の愛珠や天達先生の恋人に関わっていたイケメン心理カウンセラーの鳴子巽の話

青砥刑事の娘が誘拐される話などあります。

原作の漫画は完結していません。

まだまだ、全ての事件が解決しませんから、

最終回が終わった後に続編のスペシャルドラマや映画化がありそうです。

ラジエーションハウスも最終回の後にすぐスペシャルドラマを放送してましたし、シーズン2の最後には映画化を発表していました。

 

原作漫画もドラマも大人気のミステリと言う勿れですから、大いにあり得ます。

スポンサーリンク

最終回の結末はどうなる?

全ての事件に整が関わっていますから、事件は誰かの陰謀なのか?

黒幕はいるのか

全ての事件には、星座が関わっていて、伏線があります。

星座の伏線がつながっていくのか。

黒幕は天達先生ではないかと予想します。

最終回の結末は「整の推理によって、犬堂我路の姉(ドラマでは妹)愛珠(白石麻衣)を死に追い詰めた黒幕が明らかになる!黒幕の正体は天達先生」と予想します。

 

天達先生が黒幕だったら、めっちゃ衝撃的だし、ショックだと思います。

ミステリーの犯人の定番は、近くにいるいい人

まさに天達先生

スポンサーリンク

天達先生が黒幕である理由

では、なぜ黒幕が天達先生と予想したかの理由ですが、

犬堂愛珠(白石麻衣)のカウンセリングをしていた鳴子巽が黒幕では?と思うところですが、それでは単純すぎます。

 

実は、鳴子巽の経営する心療内科で三吉喜和(水川あさみ)が働いていたとしたら、つながりがあったら…

 

三吉喜和は、天達先生の恋人で、子供の頃に虐待にあっていた整の心の支えになってくれた心理カウンセラーです。

 

占星術は統計学だから。人文化学でもあるかな。人の生きた証みたいなもの。面白いでしょう」と喜和が言ったことから、整は占いや石の意味を信じるようになったんです。

整に関わる人は、必ず星座や石のアクセサリーを付けています。

 

三吉喜和が黒幕だったら、最強に衝撃的でショックですが、すでに亡くなっています。

 

喜和は5年前、整が14歳の時に、患者の1人に執着されてストーカー殺人の被害者になっています。

天達先生は、アイビーハウスの謎解き事件の時に恋人である喜和をストーカーに殺されたのに、「もう吹っ切れている」と語っています。

 

事件の裏に隠された謎解きを生徒の整に頼むくらい整を信頼しています。

 

天達先生は、整が通っている東英大学の心理学の准教授です。

喜和を通じて整と知り合って、それがきっかけで、整は天達先生が准教授をしている東英大学に進学したんです。

 

全ての事件が最初から、整を巻き込んだ心理学から計画されたものだったら、怖くないですか?

 

天達先生は、整に人と触れ合うことを勧めています。

 

しかも整に親しげに話し、授業で熱く語って、しばしば脱線するタイプ

まさに整の近くにいるいい人!

天達先生が黒幕だったら、最高に衝撃的で、ショックが大きい!

心理学が専攻ですから、周りの人の心理を考察しながら、事件を起こしたり、犯人になることも避けることができそうな人物です。

 

恋人の喜和を殺されていることからも、同情されて、犯人とは思いにくいところもポイントではないかと

 

個性的な登場人物ばかり出てくる中で、怪しさがなさ過ぎて、逆に怪しい!

 

スポンサーリンク

第4話に天達先生が黒幕である伏線があった

第4話では、爆弾魔(柄本佑)が暗号で爆弾のありかを知らせていました。

そこで、風呂光(伊藤沙莉)が整(菅田将暉)に頼んで暗号を解いてもらうシーンがありました。

暗号が解けた時に整が「父親だと思っていた人に裏切られた」と言いました。

爆弾魔の暗号なので、爆弾魔のことだと思いますが…

 

フラグ?

天達先生は整にとって父親のような存在です。

 

しかも、爆弾魔と整は過去の境遇が似てる。

子供の頃、虐待にあっていて、母親がいなくなって…

スポンサーリンク

後味の悪い最終回の結末になることを予想

でも、ドラマは、後味の悪い最終回の結末になりそうなんですよね!

その理由は、

ミステリと言う勿れの脚本家、プロデューサー、演出家は、ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(錦戸亮主演)と一緒なんですね!

 

トレースの最終回は、すべての黒幕である檀(千原ジュニア)が昏睡状態で終わる、後味の悪い結末でした。

 

さらに、病院で眠る檀が目を覚ます意味深なシーンで終わったんです…

 

当時は「めちゃくちゃ嫌な終わり方」「気持ち悪い!」と話題になりました!

 

ミステリと言う勿れはすっきり終わってほしいよ〜

 

トレースのラストが衝撃だったので、同じスタッフが携わる今回のドラマも後味の悪い結末とも予想できます。

 

天達先生とか喜和までにもいかずに、カウンセラーの鳴子巽が黒幕?というところで、鳴子がガロに殺された?ような展開で終わる可能性もありますね。

 

りんか
りんか

トレースのような後味の悪い最終回の結末は止めてほしいです!

 

ミステリと言う勿れに続編はある!映画化?星座の伏線が完結してない

 

菅田将暉の演技スゴイ!!!セカオワ深瀬さんのラストの演技が最高にヤバかった!

映画「キャラクター」を配信サイトで無料視聴!フル動画をスマホでも見られる方法あります

原作漫画のドラマで映像化されてない話も最高に面白いです!


コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました