映画ヴィレッジのロケ地は京都!横浜流星がゴミ処理場で働くあらすじ!

映画

映画「ヴィレッジ」の撮影ロケ地はどこ?ロケ地は京都周辺で、横浜流星さんがボサボサヘアに髭のワイルドな姿で、ごみ処理場で働きます。撮影は2022年4月~5月に行われていました。

そこで、映画「ヴィレッジ」の疑問に答えます。

  • 映画「ヴィレッジ」の撮影ロケ地はどこ?
  • 京都で薪能とゴミ処分場の撮影?
  • エキストラが募集されていた
  • ヴィレッジのあらすじ
  • 綾野剛の映画「楽園」に似てる理由

 

アメリカの怖いミステリー映画のヴィレッジとは違います。

映画「ヴィレッジ」は、2023年公開です。

スポンサーリンク

映画ヴィレッジの撮影ロケ地は京都!横浜流星がゴミ処理場で働くワイルドな姿!


横浜流星写真集『流麗』

 

横浜流星さん主演の映画「ヴィレッジ」の撮影ロケ地は京都周辺です。

撮影は、2022年4月から5月に行われて、3月には東京エキストラNOTESのサイトで、エキストラが募集されていました。

 

映画ヴィレッジの舞台になる「村」は、深い森に包まれた日本の集落・霞門村(かもんむら)です。

村にある山では、神秘的な「薪能」の儀式が行われています。

そして、村の近くには、主人公・優(横浜流星)が働く巨大なゴミの最終処分場があります。

 

京都市伏見区には、京都市唯一の巨大なゴミの最終処分場「エコランド音羽の杜」があります。

スポンサーリンク

ヴィレッジのあらすじ

主人公の片山優(横浜流星)は、幼いころから、森に包まれた霞門村(かもんむら)に住んでいます。

近くの山では、神秘的な「薪能」の儀式が行われる夜霧が幻想的な村

 

優は、村にあるゴミの最終処分場で働いて、母親が抱えた借金を返す生活をしています。

 

過去に起きた事件によって周囲と孤立しているが、村から離れることができず、未来の見えない日々、最も憎む相手の下で不法な労働に手を染めていきます。

ある日、幼なじみの美咲が東京から戻ったことをきっかけに、今まで気づかなかった閉鎖的な村の現状に気づく。

幼いころから、当たり前に行われてきた集団の秩序で、表向きは穏やかだと思ってきた。

しかし、村の抑圧や格差、閉鎖的な村の現状に気づいてはみ出す人は孤立していく。

 

しかし、村は予想外の事態を迎えます。

表向きは美しい村の闇を優が浮き彫りにするヒューマンサスペンスです。

 

ヴィレッジの企画・製作・エグゼクティブプロデューサーの河村光庸さんは、コメントしています。

 

皆さんは恐らくこの映画が完成した時に驚愕することでしょう。

監督率いるキャスト・スタッフのスクリーンからあふれ出る熱量、そして、未だかつて観たことのない映像に

 

ワイルドな横浜流星さんの姿と映画「新聞記者」(2019年・主演:松坂桃李)で、日本アカデミー賞を受賞した藤井道人監督の「未だかつて見たことのない映像」が楽しみです。

 

横浜流星と杉野遥亮が上白石萌音に壁ドン・キス連発!

⇩映画「LDKひとつ屋根の下スキが2つ」を無料で見るならこちら⇩

 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

本ページの情報は、2022年5月時点のものです!

最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトでご確認ください!

スポンサーリンク

綾野剛の映画「楽園」に似てる

閉鎖的な村で孤立するあらすじを読んで、綾野剛さん主演の映画「楽園」(2019年)に似てると思いました。

村で起きた事件で犯人扱いされて孤立する青年(綾野剛)

佐藤浩市さんが演じる男性は、村の秩序を乱したとして孤立します。

村じゃなくても、日本社会のリアルな問題です。

 

綾野剛さんが今までにない無口な役を演じていて、ヴィレッジの横浜流星さんと被ります。

最後の結末が謎めいて終わったことで、かなり話題になりました。

 

映画「楽園」の監督は吉田修一監督ですが、綾野剛さんは藤井道人監督とドラマ「アバランチ」や映画「ヤクザと家族」でも深いつながりがあります。

藤井道人監督の「アバランチ」のインタビューでは、綾野剛さんのことを信頼している俳優と言っていました。

 

こんな綾野剛見たことない!!!

映画「楽園」は、U-NEXTで配信されています。

31日間の無料お試しで見放題できますよ!

映画「楽園」を無料で見る

 

横浜流星と杉野遥亮が上白石萌音に壁ドン・キス連発!

⇩映画「LDKひとつ屋根の下スキが2つ」を無料で見るならこちら⇩

 U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

本ページの情報は、2022年5月時点のものです!

最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトでご確認ください!

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました