シンウルトラマンとウルトラマンの違い!子供と一緒に見ても楽しめる?

映画

映画シンウルトラマンとテレビ版ウルトラマンシリーズの違いをまとめます!シンウルトラマンは子供向け?子供と一緒に見ても楽しめる?

シンウルトラマンのビジュアルを見て、子どもが映画を観たいと言いました。

予告を見ると、テレビのウルトラマンとは違う雰囲気…

シンウルトラマンはちょっと怖い?子どもと観ても大丈夫?

 

そこで、シンウルトラマンとウルトラマンの疑問に答えます。

  • シンウルトラマンとウルトラマンの違い
  • シンウルトラマンは怖い?
  • シンウルトラマンは子供向け?

子どもと一緒に観に行って、ガッカリされたくないですね。

あおい
あおい

子どもと映画を観る前に映画を観て確認しました!

スポンサーリンク

シンウルトラマンとウルトラマンの違い


ウルトラマン大図鑑デラックス

 

映画「シンウルトラマン」は、1966年に放送された特撮ドラマ「ウルトラマン」を現代版に置き換えたものとされています。

「ウルトラマンが現代に現れたら」という設定の話

 

ねこまろ
ねこまろ

庵野監督は、ウルトラマンが大好き!

シン・ウルトラマンは、そもそもウルトラマンって何者?人間なの?「ウルトラマン(正体不明)」というところから、始まります。

 

「ウルトラマン」と今回の「シンウルトラマン」にはどんな違いがあるのか説明します。

 

主人公とウルトラマンの出会いが違う?

主人公とウルトラマンの出会いは「ウルトラマン」と「シンウルトラマン」とでは違うのか?

 

初代「ウルトラマン」の簡単なあらすじ

科学特捜隊のハヤタ隊員はパトロールの際、地球に飛来したウルトラマンと衝突し、殉職してしまう。

 

そんなハヤタに対して罪を感じたウルトラマンは、ハヤタに命を分け与えて一心同体になって、「地球の平和を守るために戦う」と決意する。

 

ウルトラマンから託されたベーターカプセルによりハヤタはウルトラマンに変身することができるようになり、地球を守るために怪獣たちと戦っていく。

 

あおい
あおい

任務中の主人公と衝突したウルトラマンが、罪の意識から命を分け与えて一心同体になるという話だったんですね!

 

「ウルトラマン」の主人公・ハヤタは、怪事件調査のための組織である科学特捜隊に所属しています。

一方「シンウルトラマン」の主人公・神永新二(斎藤工)は、「禍特隊カトクタイ(禍威獣特設対策室専従班)」に所属していて、禍威獣から人々を守るための任務にあたっています。

 

「シンウルトラマン」の予告動画では、斎藤工演じる神永新二がベーターカプセル(棒状のカプセルのようなもの)を天に掲げて変身しようとするシーンがあります。

ここは、一緒ですね!

 

あおい
あおい

しかし、まさかの初代ウルトラマンパターンだったことが判明

 

シンウルトラマンの高橋一生は何役?出演シーンは?主役だった衝撃!

シンウルトラマンの結末に続編ある?平和が訪れたと見せかけて

カラータイマーの有無

「ウルトラマン」といえば胸についているボタン「カラータイマー」

 

ウルトラマンは地球上で3分しかたたかうことができず、時間が迫るとボタンが青色から赤色に点滅し警告音を発します。

 

しかし今回の「シンウルトラマン」のビジュアルにはカラータイマーはありません!

シンウルトラマンに、制限時間はありません。

 

そして「ウルトラマン」のヒーロー的なビジュアルに比べて、「シンウルトラマン」はどこか不気味で人間らしい見た目をしています。

 

あおい
あおい

ウルトラマンのシンボルともいえるカラータイマーが消えた理由はあるのでしょうか?

ねこまろ
ねこまろ

ウルトラマンをよく知らなくても十分楽しめそうだね!

スポンサーリンク

登場する禍威獣(怪獣)は一緒です

「シンウルトラマン」では、登場する怪獣を「禍威獣」(かいじゅう)と表しています。

 

あおい
あおい

わざわざ禍威獣にするところが庵野監督のこだわり

映画の予告映像に登場する禍威獣は、初代ウルトラマンにも登場していた。

ネロンガ


ウルトラマンZ【ウルトラ怪獣シリーズ 123 ネロンガ】

初代「ウルトラマン」に登場しており、以降数々の作品に登場している禍威獣です。

 

ネロンガは電気を餌にする透明怪獣で、普段は透明で姿が見えませんが、電気を食べるときだけ現れます。

 

鼻先に太い角があり、鼻先から電撃を放つ攻撃をします。

 

ガボラ


●シン・ウルトラマン ムービーモンスターシリーズ ガボラ

ネロンガと同じく初代「ウルトラマン」に登場した怪獣。

大きく口が首の周囲にあるヒレを閉じて頭部を守り、攻撃する時はヒレを開いて口から放射能光線を出し物体を一瞬で破壊します。

 

あおい
あおい

ウルトラマンファンからも人気の禍威獣たちが、最新のCGで迫力満点に描かれます!

 

スポンサーリンク

子どもと観て楽しめる?

キッパリ言います!!!
ウルトラマンが怪獣と戦っているシーンは、子どもと観て楽しめると思います。
初代ウルトラマンを見てから、シンウルトラマンを見たら、更に楽しめそう。
しかし、戦っているシーンよりもはるかに話し合いや会議のシーンが多いので、子どもには理解できない可能性があります。
子供の頃ウルトラマンを見ていた私でも説明がマニアックすぎて疑問だらけでした。

スポンサーリンク

シンウルトラマンのあらすじ

舞台は現代の日本で、巨大な不明生物「禍威獣(カイジュウ)」が次々と襲ってきます。

日本にある兵器では全く歯が立たないので日本政府は「禍威獣特設対策室専従班」通称「禍特対(カトクタイ)」を設立しました。

 

田村君男(西島秀俊)を班長とし、主人公の神永(斎藤工)、浅見弘子(長澤まさみ)、滝明久(有岡大貴)、船縁由美(早見あかり)らが禍特対に配属されて、未知の生物から人々を守るため任務に当たります。

そんな中、謎の銀色の巨人が宇宙から現れます。

巨人対策のために新たに禍特対に配属された分析官・浅見(長澤まさみ)の報告書には「ウルトラマン(仮称)、正体不明」と書かれていたのでした。

 

シンウルトラマンの高橋一生は何役?出演シーンは?主役だった衝撃!

シンウルトラマンの結末に続編ある?平和が訪れたと見せかけて

スポンサーリンク

シンウルトラマンまとめ

今回は映画「シンウルトラマン」の結末を予想しました。

 

  • シンウルトラマンの結末を予想→ウルトラマンが、命と引き換えに地球を救う?続きがありそうな終わり方?
  • ウルトラマンとシンウルトラマンの違い→主人公とウルトラマンの出会い?カラータイマーの有無?
  • 登場する禍威獣→ネロンガ、がボラ
  • シンウルトラマンのあらすじ

 

庵野秀明さんが監督した「シンゴジラ」のように、「シンウルトラマン」も続きがありそうな終わり方をすると予想しました!

 

特報映像からハラハラする緊張感が伝わってきて、無事に日本は守られるのか結末が気になりますね。

 

映画の公開が楽しみです!

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画ラボ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました