クロサギの桂木の正体!黒崎との過去の因縁!関係はどうなる

2022年10月ドラマ

ドラマ「クロサギ」で、黒崎(平野紫耀)に詐欺師の情報を提供する桂木敏夫(三浦友和)の正体の疑問に答えます。

黒崎がおやじと慕っている桂木は、詐欺師の師匠的な存在です。

桂木は頼りになる人物でいい人そうで、黒崎を息子のように思ってくれている一面もありますが…

 

情報を提供している成功報酬として4割も取っている!

 

あおい
あおい

実はいい人じゃない!

甘味処の店員の早瀬(中村ゆり)も怪しく、桂木の手足となっていますから正体が気になります。

 

そこで、

  • クロサギの桂木(三浦友和)の正体
  • 早瀬(中村ゆり)の正体
  • 桂木と黒崎の因縁
  • 黒崎の過去6年前の事件とは
  • 桂木と黒崎の関係はどうなる

 

スポンサーリンク

クロサギの桂木敏夫の正体

クロサギの平野紫耀版の桂木敏夫(三浦友和)は、甘味屋の穏やかな店主ですが、裏では詐欺師の情報を提供したり、詐欺のプランニングをしています。

直接詐欺はしませんが、詐欺業界では目を付けられたら終わりと言われるほどの大物です。

表向きは黒崎の味方のようにふるまっていますが、仲間といった関係ではなく、お互いに利益をもたらす取引相手として利用しています。

 

時々、黒崎を息子のように心配する一面も見せます。

吉川氷柱(黒島結菜)がバイトの配達で桂木を訪れた時、黒崎の話をして少し嬉しそうな態度をします。

 

実は桂木は、黒崎の父親を騙した詐欺師の御木本篤(坂東彌十郎)の詐欺プランを立てた人物です。

黒崎からしたら黒幕、最大の敵

 

しかも桂木は黒崎に出会った時から、詐欺師の才能を見出そうとして、自分への復讐という目的を与えることで、見守っています。

 

2006年に放送されたクロサギ山下智久版では、桂木役は山崎勉さんでした。

バー桂のマスターで、いかにも怪しそうな雰囲気でしたが、平野紫耀版では甘味処ですから、明るい雰囲気のようです。

 

ドラマクロサギ平野版がつまらない理由!原作は面白いのに脚本に問題あり?

 

スポンサーリンク

早瀬かの子の正体

桂木の手下の早瀬かの子役は、中村ゆりさんです。

表向きは甘味屋の店員ですが、桂木の部下でボディーガードです。

 

桂木のために情報収集や邪魔な詐欺師を始末することもあります。

黒崎にとって姉のような存在で、黒崎に厳しく言う時もある。

 

黒崎を裏切るような行動もありますが、早瀬の行動は全て桂木のため

クロサギには怪しい登場人物がたくさんいますが、早瀬は一番謎の人物です。

邪魔者を始末って、中村ゆりさんが暗殺者になって、アクションなどが見られるのでしょうか、楽しみ!

 

ドラマクロサギ平野版がつまらない理由!原作は面白いのに脚本に問題あり?

平野紫耀のキスシーン2回!かぐや様は告らせたいファイナルを配信サイトでフル動画で無料視聴する方法!

スポンサーリンク

桂木と黒崎の因縁・過去6年前の事件とは

黒崎の父親に起きた詐欺事件とは、中学3年生の時に父親がチェーン店開業詐欺被害に遭い、一家心中事件を起こします。

父親を騙したのは、詐欺師の御木本篤(坂東彌十郎)、詐欺の黒幕は桂木(三浦友和)です。

 

しかし、黒崎だけが生き残り、高校に進学したがすぐに中退。

高校中退後の経歴は不明で、詐欺歴は少なくとも2年

中学時代の友人に会った時は、5年前と言っているので、黒崎は20歳

 

父親を騙した詐欺師の御木本篤(坂東彌十郎)だけではなく、父親を追い詰めたひまわり銀行、シロサギに対して無力の警察なども憎んでいる。

スポンサーリンク

黒崎と桂木の関係はどうなる

 

桂木が黒崎の父親の詐欺に関わっていたと発覚すると、黒崎はショックを受ける。

黒崎は桂木と関わることをやめます。

 

その後も、桂木は黒崎を監視しますが、黒崎の独り立ちを見守るために監視しています。

 

桂木は、ひまわり銀行の宝条の逮捕によってマネーロンダリングルートが崩壊して、国外へ逃亡しますが帰国します。

もう、黒崎には合わず成長を見守ることにしています。

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました