レジェンド&バタフライの原作は小説!結末の本能寺の変に衝撃

映画

映画「レジェンド&バタフライ」(レジェバタ)に原作はあります!原作は小説で、脚本家はどうする家康の古沢良太さん!映画は信長の一生が約3時間にまとまっていて、信長と帰蝶の心の動きやがわかりにくい!原作は2人がお互いを思う気持ちがよくわかりました。

あおい
あおい

原作の小説を映画を見る前に読みました!

木村拓哉さんが織田信長(レジェンド)で、綾瀬はるかさんが正妻の帰蝶(バタフライ)で、2人の30年の物語

そこで、映画「ザレジェンド&バタフライ」(レジェバタ)の疑問に答えます。

  • 映画「ザレジェンド&バタフライ」(レジェバタ)に原作はあります!
  • 原作は小説
  • 原作小説が面白かった!
  • 結末は今までに見たことのない本能寺の変
  • 脚本家はどうする家康の古沢良太さん

 

スポンサーリンク

映画レジェンド&バタフライの原作は小説!脚本家はどうする信長の古沢良太

 

映画「ザレジェンド&バタフライ」(レジェバタ)に原作はあります!

原作は小説で、2022年12月22日に発売されています。

小説では、登場人物の繊細な心の動きがわかって、深かった!

ラストの本能寺の変の映像が見たくなった!

グッと映画にのめり込めます。

レジェバタは、政略結婚した信長と帰蝶の絆が徐々に深まっていく、繊細な物語ですから、映画を見る前に読んでおきたい。

映画を見た後にも読むと繊細な心の動きがわかります。完璧!

 

スポンサーリンク

レジェバタの脚本家はどうする家康の古沢良太さん

映画レジェンド&バタフライの脚本家は、古沢良太さんです。

レジェンド&バタフライの結末、クライマックスである本能寺の変は、今までに無いものになると発表されています。

古沢良太さんは、2023年放送の大河ドラマ「どうする家康」(松本潤)の脚本家です。


今までのドラマや映画は、世の中のあるあるを盛り込んだり、絶妙な伏線や衝撃展開で夢中になってしまう作品ばかり!

何度でも見たい大人気シリーズばかり!

コンフィデンスマンJPシリーズ(長澤まさみ)

オールウェイズ3丁目の夕日シリーズ(吉岡秀隆)

リーガルハイシリーズ(堺雅人)

ストーリーを知っておくと映像に集中して観れます。

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ映画考察ラボ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました