アトムの童に原作はある?脚本家は誰?ゲーム業界の覇権争いのあらすじ!

2022年10月ドラマ

ドラマ「アトムの童」(アトムのこ)に原作はある?脚本家は誰?ゲーム業界の覇権争いのあらすじをまとめます。

 

タイトルの「アトムの童」の意味は、主人公のゲーム開発者の安積那由他(山﨑賢人)が、一緒にゲームを開発することになる老舗のおもちゃメーカー名が「アトム」です。童は「こども」の意味なので、老舗の会社に対して、若きゲーム開発者の那由他のことと思われます。

 

社会エンターテイメントの日曜劇場ですから、ゲーム業界のドロドロした覇権争い、大資本の企業に立ち向かう姿が描かれます。

そこで、アトムの童の疑問に答えます。

  • アトムの童に原作はある?
  • アトムの童の脚本家は誰?
  • ゲーム業界の覇権争いのあらすじとは

 

あおい
あおい

映画キングダムで信(山﨑賢人)に王騎(大沢たかお)が言う「童(わらべ)信」を思い出しました!

 

ドラマのタイトルは、山下達郎さんの歌「アトムの子」にインスパイアされてる?

鉄腕アトムは、マンガを子供向けの娯楽から「文化」にまで高めた作品で、影響を受けた子供が多いこと(山下達郎さんもその1人)から、「アトムの子」というタイトルになっています。

ドラマに共通するように子供向けの娯楽だった「ゲーム」は、今や大人も遊ぶ「文化」になっています。

しかもアトムの子は、「ARTISAN」(職人)というアルバムに収録されていて、ドラマのあらすじである「ものづくり」との共通点を感じます。

ドラマの制作スタッフも「アトムの子」なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

アトムの童に原作はある?脚本家は誰?ゲーム業界の覇権争いのあらすじ!

ドラマ「アトムの童」の原作

ドラマ「アトムの童」に原作はありません。

完全オリジナルストーリーです。

ドラマ「アトムの童」の脚本家は誰?

ドラマ「アトムの童」の脚本家は、神森万里江さんです。

神森万里江さんの今までの脚本作品は、

  • ドラマ「この恋あたためますか」(中村倫也・森七菜・2020年)
  • 「相棒シーズン17、18、20」(水谷豊・反町隆史・・2018年・2019年・2021年)

この恋あたためますかは、コンビニ業界の社長(中村倫也)とスイーツの開発をする新入社員(森七菜)のラブストーリーでした。

ドラマで開発されたシュークリームが実際にセブンイレブンで発売されて、話題になりました。

アトムの童は、神森万里江さんの完全オリジナルストーリーです。

 

プロデューサーの中井芳彦さんは、ドラマ「妻、小学生になる」(堤真一・2022年)や「凪のお暇」(黒木華・中村倫也・高橋一生)を手掛けてますから、キャストにも期待します。

 

映画キングダムが見れる配信サイトはどこ?無料でスマホでも見られる方法!

スポンサーリンク

ゲーム業界のドロドロしたあらすじ


アトムの童は、ゲーム業界が舞台

主人公の安積那由他(あづみなゆた・山﨑賢人)は、個人でゲームを制作する天才的なゲーム開発者です。

「ジョン・ドゥ」という名前で活動していましたが、ある事件をきっかけにゲームの開発を辞めて、ひっそりと暮らしていました。

 

そんな中、老舗おもちゃメーカーの「アトム」は、廃業の危機になったことから、一発逆転しようとゲームの制作に参入しようと動いていて、

アトムは天才的なゲーム開発者である「ジョン・ドゥ」に協力を依頼するために那由他を探していました。

 

アトムに協力することになった那由他ですが、個人でゲーム開発をしてきた天才ですから、まず老舗のメーカーの古い体質とぶつかりますね。

 

あおい
あおい

日曜劇場にありがち!

アトムは廃業寸前の会社ですから、天才の那由他の言うことにある程度従わなければいけない。

しかし、おもちゃの「ものづくりの精神」に共感して、お互いに距離を縮めていくのではないでしょうか。

 

次に那由他が立ち向かうのは、大資本の大企業との覇権争いです。

また、世界進出にも挑戦していきます。

ゲーム業界ですから、時代の寵児のような若手のキャストになりそうですね。

ゲーム業界のドロドロした裏の世界も描かれますね。

那由他の成長物語には違いありません。

 

那由他のモデルは、大人気ゲーム「マインクラフト」を開発したマルクス・ペルソン(ノッチ)でしょうか。

 

ドラマのスタッフからは、1人で大企業に立ち向かう姿が山﨑賢人さんにピッタリということで、オファーしたようです。

1人で大企業に立ち向かう姿のイメージって、完全に映画「キングダム」ですよね。

 

映画キングダムが見れる配信サイトはどこ?無料でスマホでも見られる方法!

 

スポンサーリンク

アトムの童原作まとめ

ドラマ「アトムの童」(アトムのこ)に原作はある?脚本家は誰?ゲーム業界の覇権争いのあらすじをまとめました。

 

タイトルの「アトムの童」の意味は、主人公のゲーム開発者の安積那由他(山﨑賢人)が、一緒にゲームを開発することになる老舗のおもちゃメーカー名が「アトム」です。童は「こども」の意味なので、老舗の会社に対して、若きゲーム開発者の那由他のことと思われます。

 

社会エンターテイメントの日曜劇場ですから、ゲーム業界のドロドロした覇権争い、大資本の企業に立ち向かう姿が描かれます。

  • アトムの童に原作はある?→ありません。
  • アトムの童の脚本家は誰?→神森万里江さん
  • ゲーム業界の覇権争いのあらすじとは、天才的なゲーム開発者の那由他が老舗のおもちゃメーカーの社員たちと協力して、ゲーム業界の大資本の企業に立ち向かっていく成長物語です。

今までの日曜劇場の重厚なキャストとは違う、ゲーム業界のポップで軽い若手キャストに期待します。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました